スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline

GAノベル:『初級魔法しか使えず、火力が足りないので徹底的に攻撃魔法の回数を増やしてみることにしました』 『八歳から始まる神々の使徒の転生生活』 などの表紙公開!

48156042154815604215
B081SFVSFZ4815603952
48156027514815602751
48156041854815604185
404073422X4757564244
47575642794757564317
475756421X4757564228
4757564260

貴族転生~恵まれた生まれから最強の力を得る  作者:三木なずな

十三王子として生まれたノアは本来帝位継承に絡める立場ではないため、自分に与えられた領地で自由気ままに過ごしていた。
しかし皇太子が皇帝より先に死んだことにより、帝位継承は残った王子らで公平的に争われることになった。
ただの王子として気ままに生きたせいで最強の力を得たノアは、その力でつい他の王子達を圧倒し、やがて地上最高の権力者である皇帝になってしまう。


小説家になろう


初級魔法しか使えず、火力が足りないので徹底的に攻撃魔法の回数を増やしてみることにしました  作者:大地の怒り

※GAノベルより一巻、十二月に発売です

スキル、ジョブなどが存在する剣と魔法の異世界に転生したが、初級魔法しか覚えられない不遇職の吟遊詩人についた主人公のトール。
お金を稼ぐために冒険者になったはいいが使える魔法が少ない。
詩人では攻撃力のある魔法なんて当然使用できない……このままじゃあ魔物とも戦えない。
だったら……圧倒的な量でカバーするしかない!

幸い、トールが異世界で得たスキルは早撃ちと魔法の大量展開に抜群の相性を誇るものばかり。

塵も積もれば山となる。初級魔法だって数あれば天変地異を起こせる。
神をも殺す魔法だろうが、ファイアボールを一万発分放てば撃ち負けやしない……たぶん。
そんな色々と頭のおかしい戦い方の魔法使いが旅して無双したり冒険するお話です。

※主人公最強系でコメディータッチの作品です。軽く読めるので暇つぶしにでも是非。
※最初は弱いですが、一章中盤あたりまでお読みいただけるとその片鱗が出てきます。


小説家になろう


スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました  作者:森田季節

※シバユウスケ先生によるコミカライズ5巻、ベルゼブブのスピンオフ小説、村上メイシ先生によるスピンオフのコミカライズ1巻、9月12日頃発売します! 原作小説はGAノベルから10巻まで発売中です! シリーズ累計の売り上げ100万部を突破しました! 本当に皆さんのおかげです! ありがとうございます!
ごく普通の社畜OL、相沢梓は働きすぎが原因で過労死した。
そのため、17歳の容姿を持つ不老不死の魔女として、高原の一軒家でスローライフを送ることにした。
主な収入源は近くに生息するスライムを倒して魔法石を手に入れること。これをふもとの村のギルドで売っていた。ほかにも、薬草の知識を使って薬を作ってあげたりして、「高原の魔女」として感謝され、敬意を集めて生きていた。

だが、300年もスライムを倒す生活を続けてきた結果、経験値が蓄積しすぎて、知らないうちにレベル99の世界最強の魔女となっていたことが発覚。

レベル99の魔女は今日も村のみんなのため、世の中のために、弟子のドラゴン少女とともにほどほどに働きます。


小説家になろう


八歳から始まる神々の使徒の転生生活  作者:えぞぎんぎつね

【12月12日第一巻発売!】

 最強の老賢者は生涯の目標であった魔王討伐を試み相討ちとなる。
だが、魔王は完全には滅んでいなかった!
 賢者は魔王を完全に滅ぼすため、死後、神の世界で修業し神々の使徒ウィルとして転生する。
 転生後の未来では賢者は伝説となり、かつての弟子たちは最高権力者になって対魔王のための組織と勇者育成のための学院を造っていた。
 そこで最強のウィル(8歳)は、勇者の学院に入学することになる。

 これは世界を救う使命を帯びた少年が、もふもふたちと学院生活を楽しみながら戦う救世の物語。

※アルファポリス、ノベルアップにも投稿しています。


小説家になろう


剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?  作者:年中麦茶太郎@ZZT231

※書籍版8巻&コミック版3巻 6/15発売

Aランク冒険者である父親から剣士としての英才教育を受けて育ったローラは、九歳で王都の冒険者学園へと入学する。
ローラは「剣士の友達が沢山できたらいいな」と期待で胸いっぱい。
そして入学式の日、ローラは剣の適性値107を弾き出す。
並の生徒は50~60なのでローラは間違いなく剣の天才だ。
しかし、そのあとに計った魔法の適性値はなんと9999。
ローラは何が起きたのか分からずポカンとしているうちに、魔法学科に異動させられた。
「私は戦士学科に行きたいです!」
ローラは自分の意志とは裏腹に超天才っぷりを発揮し、あっという間に教師より強くなってしまう


小説家になろう


織田信長という謎の職業が魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました  作者:森田季節

※2017年11月15日GAノベルから書籍版2巻が発売になります! よろしくお願いいたします!
 
少年アルスロッドは、「職業」を神殿から授けられる日を心待ちにしていた。
この世界では大人の仲間入りをする日に剣士や魔法使いといった「職業」を与えられる。その中でも、最強と言われているのが魔法剣士だ。

少年は弱小領主の次男坊で、しかも領主の座を継いだ兄には最前線に出され、いつ戦場で命を落としてもおかしくない立場にいた。魔法剣士になれば、この現状を変えることができるかもしれない。かつての英雄もみんな魔法剣士だった。

だが、少年に与えられたのは、魔法剣士でもなければ戦士のようなありふれた職業でもなかった。織田信長という神殿の人間すら了解しない謎の職業だった。

しかし、この職業、なんと戦闘はトップレベル、小都市を大商業都市にしたりする内政力や、軍隊統率力なども高いという自分が国を作って覇王になるためにあるようなものだったのだ!

少年は、やがて自分が兄を倒して領主の地位につくこと、さらには王になって国を作ることを決意する。それこそが自分の大切な人や民を守る近道だと悟ったのだ。


小説家になろう


【web版】ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。  作者:えぞぎんぎつね

 勇者パーティは強力な魔神の大群におそわれた。このままでは全滅必至。
 パーティーの一人、最強魔導士ラックは、敵を足止めすることを決意する。

「ここは俺に任せて先に行け!」「だが……」「なあに、すぐに追いつく」

 ラックは無我夢中で魔神を倒して、倒して倒しまくった。
 特技ラーニングを駆使して、ラックは魔神の魔法を学習していく。
 魔神の能力であるドレインタッチなどを学習し、利用することで休まず寝ずに戦い続ける。

 魔神はどんどん強力になっていくが、ラックも飛躍的にどんどん強くなっていく。
 魔神がわいてこなくなるまで、ラックは10年戦い抜いた。

 王都に帰ったラックは驚く。
 自分の名前が通貨単位となり、かなり美化された巨大な像が建てられてしまっていた。
 
 そして、生命力吸収を使いまくったせいで、若返ってしまっている。
 年齢にそぐわぬ外見。飛躍的に伸びた能力。
「目立ちすぎる」

 ラックは正体を隠し、ただの初心者冒険者のふりをすることにした。
 Sランク魔導士なのに、Fランク戦士に偽装したラックの、平和になった(?)世界での冒険が、いま始まる!


小説家になろう


最強のおっさんハンター異世界へ~今度こそゆっくり静かに暮らしたい~  作者:月島 秀一

【GAノベル様より、第1巻が2018年12月15日発売!】
 善良なおっさんハンターは、日夜押し寄せる大量の依頼に疲れていた。「はぁ、なんで俺のところばかり……」しかも、その依頼は古龍や飛空龍の討伐といったS級クエストばかり。本人は知るよしもないが、おっさんは世界最強のハンターとして有名だった。「これは休みが必要だな……」その後、息抜きのために花見へ行った先で、不運にも異世界へと続く落とし穴に落ちた。そこで目にしたのは、肩から血を流したエルフの少女。どうやら人間から追われているらしい。「見捨てる……わけにはいかないよなぁ……」やっかいごとに巻き込まれたくなかったおっさんだが、見捨てるとその後に食うメシがまずくなる。仕方なく少女を助けようとしたそのとき――この地域最強の飛龍ゼルドドンが現れた。人間たちは泡を吹いて逃げる一方、少女に逃げる余力はない。その場にへたり込み、涙を流す少女。その少女を食わんと首を伸ばすゼルドドン。そして――「よっと」おっさんが振り下ろした大剣がゼルドドンの首をいとも容易くはねとばした。その後、少女に事情を聞けば、エルフ族は人間に莫大な額の借金があり、半ば奴隷のように支配されているとか。エルフの森で悲惨な状況を目にしたおっさんは、これまた仕方がなく身銭を切って借金を一括返済してあげた。しかし、その翌日――悪い人間の手によって、おっさんが買ったエルフの森が燃やされてしまった。おっさんはお人好しで、面倒事が嫌いな中年だが――まごうことなき『ハンター』だ。『ハンターのものに手を出してはならない』子どもでも知っている、おっさんの世界の常識だ。「成り行きとは言え俺のものに手を出すとは、いい度胸じゃないか……」過去幾多のモンスターを狩ってきた化物おっさんが、今再び愛用の大剣を握り締める。


小説家になろう


失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~  作者:進行諸島

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。
彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。 

そうして導き出された結論は、『自分の体は魔法戦闘に向かない』という、あまりにも残酷なもの。 
それでも彼は諦めなかった。 

彼は自らの魂を魔術に封じ、遙か未来に生まれ変わる。 
そこで彼が見たものは変わり果てた世界と、信じられないまでに低レベルな魔法理論だった。

★書籍版シリーズ累計200万部突破! ありがとうございます!★


小説家になろう


転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~  作者:進行諸島

 ブラック企業に酷使された男が転生したのは、ステータスやスキルのある世界。

 その世界で彼は、冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』になってしまう。

 ――しかし彼は、ひょんなことから2つめの職業『賢者』を手に入れる。
 『賢者』の力は、圧倒的なものだった。

 だが異世界に来たばかりの彼は、自分の力がどれほどのものか自覚していなかった。
 こうして彼は、自分の力を自覚しないままギルドに行って冒険者となり、各地で騒ぎを起こしながらも成り上がっていく。

※タイトル変更しました(旧タイトル:転生賢者の異世界ライフ)。


小説家になろう


モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います  作者:よっしゃあっ!

会社からの帰り道、主人公は大きな犬を轢いてしまう。
その瞬間、彼の頭の中に声が響いた。
≪モンスターを討伐しました。経験値を獲得しました≫
「え?」
突如として世界は変わったのだ。
モンスターが現れ、レベルやスキル、ステータスが存在するゲームの様な世界に。
これは、そんな現代ファンタジーと化した世界で、頑張って生き延びる主人公の冒険譚である。
【追記】
書籍化しました。GAノベル様より書籍版一~三巻が絶賛発売中です。
またコミカライズ版もマンガUP!様、ガンガンオンライン様にて好評連載中です。


小説家になろう




今年最後のGAノベルは4作品+コミック7作品!新シリーズが2作品ありますね!
コミックが多いですね!

表紙に関しては新シリーズの両作品とも良い表紙ですね!
コミック版モンスターがあふれる世界が好きです。

なお、公式発売日は本日の12月12日です。




関連記事

文学・評論のランキング    
ライトノベルのランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
[ 2019/12/12 21:05 ] 雑記 表紙 | TB(0) | CM(32)
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 21:13:28 ID:qAbJjmzE▼このコメントに返信
    おお~なろうオールスターやなw
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 21:22:08 ID:V0Zz7F9Q▼このコメントに返信
    初級魔法しか使えず、火力が足りないので徹底的に攻撃魔法の回数を増やしてみることにしました
    あれ?なんか同じ設定の奴書籍化してたな?
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 21:51:25 ID:LuIJ2jk.▼このコメントに返信
    7万ポイント突破って、売りになるのか……?
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 21:56:15 ID:Gwl3FW7c▼このコメントに返信
    頭の悪いタイトルばっかだな
    名前:名無しさん:2019/12/12(木) 22:29:25 ID:Pehj.J7A▼このコメントに返信
    ※2
    俺も似たようなの前にここで見たような気がするけど、さすがに同じものじゃね
    前に見たのは書籍化決定報だったとか。
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 22:35:36 ID:qHI8YIeE▼このコメントに返信
    ※4
    最強、伝説、Sランク、無双、チート、スローライフ、伝説になった、~しました
    どれか一つでもあれば読む気はなくなるよな。
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 23:12:04 ID:QHTiNqpQ▼このコメントに返信
    駄菓子に健康意識高そうな名前付けても売れねーだろ
    味を分かりやすく説明してくれて良いタイトルじゃね

    ※6
    こういう層はもとから客として認識されてねーからな
    相手にしてないのに間違って購入して苦情でも来たら出版社も困るしウィンウィンだな
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 23:23:19 ID:TO.QWiMc▼このコメントに返信
    確かに余計な地雷を踏むことはないな
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 23:23:44 ID:no8j9Kzg▼このコメントに返信
    神々の使徒さんは絵師まで合わせて来るとか悪意が過ぎませんかね
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/12(木) 23:49:46 ID:5nXu1Zok▼このコメントに返信
    俺もチート貰ってヌルゲーしたいわ
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 00:03:02 ID:XUaZoL9w▼このコメントに返信
    量産タイプ大集合な感じ
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 01:06:21 ID:JalddpaA▼このコメントに返信
    八歳の応援イラストを見て転生貴族の応援イラストと誤認したわ。
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 01:12:42 ID:b2.I9V5E▼このコメントに返信
    ※5
    たぶん違う奴
    最速無双のB級魔法使い 一発撃たれる前に千発撃ち返す!だと思う
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 02:45:36 ID:Q8SYUW.A▼このコメントに返信
    ※2
    同じ設定というなら、今回書籍化の方がオリジナルにあたるんかなぁー。

    「初級魔法しか使えず」
    連載開始 2018/12/22
    発売 2019/12/12

    「最速無双のB級魔法使い」
    連載開始 2019/01/09
    発売 2019/09/10
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 05:06:24 ID:2x.LPFvg▼このコメントに返信
    タイトルじゃなく、初期魔法無限連射できる設定だとこういうのがあるな(書籍化してないが)
    ・中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命
    連載開始 2016/02/05
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 06:35:19 ID:4Qep2aVc▼このコメントに返信
    初級魔法しか使えず

    前に読んだけど、吟遊詩人なので声を山彦とかみたいに響かせる事が出来ます
    なので自分の声×100で一回の詠唱で100発打てますとか
    吟遊詩人で発音はチートなので詠唱を完璧に出来るので無詠唱出来ますとかのやつか
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 09:45:37 ID:HfMzn2gY▼このコメントに返信
    織田信長の表紙、一瞬fateに見えたわ。
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 09:47:20 ID:fRyIXqeY▼このコメントに返信
    初級魔法の表紙の男は何持ってるの?
    パンをこねる時に使う器具?
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 10:10:26 ID:x2lp426s▼このコメントに返信
    あれは麺棒じゃなくてでかい巻物じゃないかなぁ
    紙か羊皮紙か分からんけど巻き取る軸に装飾が刻まれてて非常に使いにくそうだが
    名前:名無しさん:2019/12/13(金) 10:18:49 ID:4x.P2CwA▼このコメントに返信
    ※13
    ※14
    エステルドバロニアとアルキマイラみたいな関係か。

    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 11:17:46 ID:g/aSfO0.▼このコメントに返信
    ※17
    んん?
    どのあたり?
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 11:18:04 ID:HX8EHCgA▼このコメントに返信
    初級魔法を無限に撃てたとしても
    オバロのアインズさまみたいに中級まで無効みたいな能力持ってる敵とか
    そもそも魔法無効系の敵出た時点で詰みそうやな
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 11:39:38 ID:R0wPnQNU▼このコメントに返信
    10年経ったら伝説~の1巻の犬っ娘の尻は良かった。
    正直、ちゃこは当たりだと思う
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 11:58:58 ID:gAOQ1N3o▼このコメントに返信
    胃もたれがするラインナップ
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 13:54:30 ID:6facQlv.▼このコメントに返信
    ※22
    そういう相性最悪の相手に追い詰められた主人公の危機に、序盤で主人公に絡んで返り討ちにあった奴が
    「倒す為に(一日一回だけ、主人公の火力を上回れる)新技を習得したのに、お前を助けるはめになるなんてな」とか言いながら、相打ちになって死んじゃうとか
    そんな展開はなろうでは起きないから問題ない。
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 15:15:18 ID:CC8yxnZE▼このコメントに返信
    失格紋は小説は量産型だけど、コミック版は面白かった

    内容にはカケラも興味がわかないけど
    絵柄は初級魔法が一番好みだな
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 20:01:20 ID:-▼このコメントに返信
    ※21
    鎧と服の形とか色味がセイバーっぽいのと主人公の顔が鯖太郎味がある


    読んでないんだけど吟遊詩人がなぜ初級とはいえ攻撃魔法を使えるのかって説明はある?
    あと声関連って吟遊詩人じゃなくて歌手の領分だよな
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/13(金) 20:22:11 ID:mvcB0rpk▼このコメントに返信
    ※7
    なるほどタトゥーのような知的レベルの証明という事ですか。
    そういうジャンルはあってもいいと思いますがこうまで多いとちょっと・・・・。

    名前:名無しさん:2019/12/13(金) 22:16:11 ID:mUI9IFWo▼このコメントに返信
    ※27
    そんなこまいこと言い出したら、失格紋の最強賢者の表紙の主人公?はUQホルダーの刀太に見えるとか、なんとでも言えちゃうだろ
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/14(土) 02:05:45 ID:-▼このコメントに返信
    初級魔法のやつ、読んでるけどコメディ寄りでそこそこ面白いと思う。上で言われた魔法無効系の敵も出てきたりするし、テンプレ最低物とはちょっと違うかな。薦めるかと言われると微妙だけど個人的にちゃんと完結した後なら買ってもいい程度に好き。
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/14(土) 08:29:15 ID:FxWr38ZY▼このコメントに返信
    >9999
    オムレツ好きの少女が魔法学校で同級生とキャッキャウフフするほんわか作品
    アニメ化候補の一つだったが平均値、300年に破れた惜しい作品でもある
    作者さんは多作でいろんな作品を執筆するが、人気がでない作品は定期的に削除する恐ろしいところもある
    去年も消しますねと4作も削除した、あぶなかった!
    名前:名無しのスコッパー:2019/12/15(日) 12:03:45 ID:lIPkXHkg▼このコメントに返信
    ※31
    平均値は出版社が違うから、魔女の旅旅ではないかな?
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
4074428504 4074438909 4074438844 4865546626 4865546618 486554660X 4865546634 4865546650 4865546642 4865546669 4865546677 4041094429 4040646533 404064719X 404064655X 4757566468 4800009731 4041090962 4798622087 4798622117 479862148X 4798622095 4041094402 4798622141 4798622133kak 4040734394 4040736346