スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

オススメの群像劇って何かありますか? その7

※短め

小説家になろう:オススメの群像劇って何かありますか?
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4259.html

オススメの群像劇って何かありますか? その2
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

オススメの群像劇って何かありますか? その3
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4646.html

オススメの群像劇って何かありますか? その4
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4840.html

オススメの群像劇って何かありますか? その5
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-5023.html

オススメの群像劇って何かありますか? その6
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-5196.html


236 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2017/08/05(土)12:21:49 ID:p9j

ニコニコでバッカーノのアニメ見たらすごく面白くて原作も買っちゃったんですけど
なろうでオススメの群像劇って何かありますか?


1. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/20(水) 15:12:06 ID:KBr97okM

これは群像劇じゃない、あれは群像劇じゃないってドヤ顔で言い出す自称群像劇に詳しいおじさんがいっぱい集まりそう


2. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/20(水) 15:35:59 ID:0zcuN3Us

※1
そもそもの群像劇始祖がカラマーゾフの兄弟みたいにクッソ重い奴か
ガチSFか、結末から逆算して世界を練り上げてる変態揃いなのが悪い

それこそ洋ドラみたいにテンポ重視、飽きさせない映像作品としての群像劇ならともかく
小説でオススメなのなんてハードル高すぎてそうないわ
「異世界食堂」くらい軽ければアリだが


異世界食堂  作者:犬塚惇平(犬派店主)

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。

洋食のねこや。
オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。
午前11時から15時までのランチタイムと、午後18時から21時までのディナータイム。
定休日はオフィス街が空になる土日。
ランチは1000円まで。ライス、パンとスープはお代わり自由がこだわりといやあこだわり。
猫の看板と入り口に据え付けられた招き猫の鈴が特徴っちゃ特徴の、猫好きだったじいさんが、どっちかと言えば犬派の俺に残した小さな店。
そんな、どこにでもある普通の飯屋さ。

…ああ、たった一つだけ。他と違うところがある。

毎週土曜は、週に一度の特別な客が来る営業日になってる。
定休日じゃなかったかって?そうだよ。だから、特別な日。
毎週土曜だけ、ここは特別な客を迎えるから、表向きは休み。
じいさんが始めたことで俺も詳しいことは知らない。
けど『向こうの連中』はここのこと『異世界食堂』って呼んでるよ。

2月28日にヒーロー文庫から書籍版発売しました。
犬塚惇平名義です。
収録は一部加筆修正した20話までと特別編「豚の角煮」となっています。


小説家になろう



6. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/20(水) 18:35:38 ID:VyigmDbI

※2
例に挙げてる異世界食堂は群像劇ではないぞ
wikiにグランドホテル式と書かれているが全くの別物
話によって時系列が前後するし同一時間軸での出来事が殆ど存在していないからただのオムニバス形式



9. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/20(水) 22:42:38 ID:Biiq48AA

前の記事で紹介されてた「マイナスファンタジー」は面白かった
色んなジャンルのゲーム世界から参加者を集めてのバトロワ系
シューティングのキャラなら残機やボム、ファンタジーなら魔法、格ゲーなら高い身体能力みたいな個性を生かして戦うのが面白い。相性次第で格下の大物喰いも起こり得るので緊張感が途切れないのもいい

しいて難点を挙げるなら、格闘ゲームのキャラが強すぎたって点はあるかも
あと、明らかに弱すぎて絶対に勝ち目がない奴がいるとか
この手のサバイバル作品の魅力は誰が勝つか分からない緊迫感が重要だと思うんで、どんなに可能性が低くても一応は全員に勝ち筋を用意してあげて欲しかったってのはある


マイナスファンタジー  作者:icecrepe / 氷桃甘雪

ある世界に勇者の一団が居た。

ある世界には復讐に燃える戦士が。
ある世界には宝珠を連ねる少年が。
ある世界には怪物と戦う傭兵が。
ある世界にはロボットを駆る青年が。
ある世界には空を飛び、弾をばらまく少女が。
そしてある世界にはただの高校生が居た。

皆、一か所に集められた。
そしてルールを告げられる。

元の世界へ戻れるのは、生き残った二人だけ。


小説家になろう



12. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/20(水) 23:16:58 ID:Biiq48AA

ログホラは最近あんまり話題にならないけど久々に読み返すとやっぱ面白い
魅力的なキャラが多い良い作品だ


ログ・ホライズン  作者:橙乃ままれ

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々がゲームのキャラクターとしての肉体を得た今、プレイヤーたちは高い戦闘能力、「死」からの蘇生能力を備えた英雄的存在〈冒険者〉とよばれ、この異世界で暮らすこととなる。

小説家になろう



13. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/20(水) 23:20:39 ID:JalddpaA

話数だけなら坂田とかいう化け物が昔なろうにもいたが…
さて、群像劇というか多数主人公物で一番好きなのは異修羅なんだが更新止まってるからおすすめし辛い


異修羅  作者:珪素

地平の全てを恐怖させた世界の敵、“本物の魔王”を、何者かが倒した。
その一人の勇者は、未だ、その名も実在も知れぬままである。
恐怖の時代が終息した今、その一人を決める必要があった。

世界最大の都市――黄都を目指して、強者たちが集いつつある。
そこで勝ち進んだ一人が、『勇者であった』ことになる。
これより始まる新時代に、英雄の偶像を作り出すための大試合である。

二十五年の長きに渡り、魔王に苛まれてきた、遥か果ての現実。
一つの脅威を前に全種族が強さを求めた時代は、あるいは魔王以上の脅威を産んだ。
彼らが求めた物語が唐突に終わりを迎えた時、そこには闘争の場を求める修羅だけが残る。

――今、修羅の名は十五名。
柳の剣のソウジロウ。
星馳せアルス。
世界詞のキア。
無尽無流のサイアノプ。
静かに歌うナスティーク。
地平咆、メレ。
音斬りシャルク。
絶対なるロスクレイ。
不言のウハク。
魔法のツー。
冬のルクノカ。
黒曜、リナリス。
窮知の箱のメステルエクシル。
おぞましきトロア。
逆理のヒロト。


※カクヨムとの重複投稿です。


小説家になろう



25. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/21(木) 16:35:52 ID:-

ゲームでもいいなら、428よりも「街」が好きだったなー。
428も悪くないんだけど、最後の最後で奈須きのこが全てをブチ壊しにかかる(一人だけなろう主人公みたいなのが出てくる)上、
続きはアニメで!ってやっちゃうから、間違いなく人を選ぶ



30. 名前:名無しのスコッパー:2019/02/23(土) 13:48:26 ID:3osLAWqc

群像劇作品を探す時に何が腹立つかって、検索に「青春群像劇」が引っかかったり、最近の映画やドラマの紹介文に「群像劇」ってワードが乱用されすぎてて従来の群像劇作品が埋もれたりしてることだよ…
前者はマイナス検索でなんとかなるけど、後者はもう…どうすりゃいいのよ








群像劇な作品なかなか無いですよね。





関連記事

ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 12:59:52 ID:Jb3qytKI▼このコメントに返信
    ログ・ホライズンってなろうだったんだ
    あんまなろうアニメの話題で名前出てこないね
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 13:36:28 ID:-▼このコメントに返信
    まおゆうからの流れで書籍化したんだろうし、なろう経由って感じじゃないものね。
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 15:38:52 ID:ZvmPCRA.▼このコメントに返信
    異修羅いいよね
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 16:19:25 ID:eXDhTkj2▼このコメントに返信
    ※1
    世間一般のイメージが「転生or転移した主人公が突如チート能力を取得し、特に思想も目的もなく無双してハーレムを形成し、日本食で称賛される世界の物語」だからじゃないか?

    群像劇のように登場人物のキャラが確立されていたり、主人公にだけ甘い世界じゃなく試行錯誤している作品は「え?これなろうなの?」と驚かれてる気がする
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 16:24:16 ID:-▼このコメントに返信
    ※1
    なろうを叩く連中が下衆な証拠だよ
    あいつらは叩き易い対象を探してるだけであって、それがなろう発かどうかなんてどうでもいい
    実際、異世界魔王や幼女戦記が流行ってた頃にもドヤ顔でなろう認定してたしね
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 16:52:43 ID:-▼このコメントに返信
    ※5
    そりゃあ「なろう出身」てだけで叩く方がむしろ下衆だろう。内容も見ずになろう出身ってだけで持ち上げたら、同様にオカシイだろ?
    老騎士やパラディンみたく、なろう出身でも一般的に高評価を受けてる作品もある。
    つまるところ、叩かれてるのも評価の上の話であり、見られてるのは出身地じゃなく内容。あくまでそういった作品の総称としてなろう「系」と呼ばれてるに過ぎない。
    名前: :2019/05/29(水) 17:43:08 ID:QXRaNfI.▼このコメントに返信
    ※6
    横レスだけど。その件って、人種差別に例えて言えば、特定人種の偉人には一切触れず、その人種の悪人だけあげつらって「これだから○○人は」とか言ってるようなものじゃん。攻撃出来る部分だけを選定して全体を貶めようとするのは、出身だけで叩くような下衆とそう違わないと思うけど

    しかもその人種じゃないのに嫌われてる人までもをその人種だって事にして叩くのもまかり通ってるし。「いやその人は○○人じゃないから」と指摘されても、「○○人ってのは蔑称のつもりで言ってるだけ!事実は重要じゃない!」みたいな風潮じゃん、なろう叩きの雰囲気って。それを「○○人かどうかのガワで判断するんじゃなくてちゃんと中身を見てるんだよ」って指摘し返すのは、かなり盛大にズレてると思う
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 18:03:22 ID:a.JbzU1Q▼このコメントに返信
    早速、コメが群像劇めいてきたな!!!
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 18:38:03 ID:028lExxE▼このコメントに返信
    僕は「はぇ~^すっごい…」ってなるので
    詳しいおじさんのこと好きだよ
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 19:39:41 ID:-▼このコメントに返信
    ※7
    横レスに対してこう言うのもあれだが全く認識を間違ってる。
    特定の人種など関係なく、良い人間は善人としての評価を得て、悪い人間は悪人としての評価を得ているに過ぎない。
    (というか創作物の評価は主観的なもので人種や偉さや善悪性で良し悪しが図られるコンテンツではないので、そもそも人種差別に例えるのが既に少しズレているが)

    呼称に関しては、別に俺が決めたわけではないので何とも言い難い。批判される作風としてはチーレム俺TUEEテンプレ展開、なろうのランキング上位を独占し続けている群であるし、それが世間一般からのイメージであり、ネット小説自体の火付け役がなろうであることからも普及するのは致し方ないと思う。

    別に呼称自体は「新文芸」でも「子ども部屋おじさん向け」でも何でもいいのよ。要は使いやすい言葉で似た作風がカテゴリー化されてるだけだから。でもこればっかりは、なろうで目立つ作風が大きく変わらない限りは是正されないと思う。例えばなろうのランキングが恋愛ドラマやミステリーで占められるようになれば、「なろう系」という呼称はまた変わってくるだろう。
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 19:43:46 ID:sqCyeZqA▼このコメントに返信
    言われてみれば群像劇、複数主人公、オムニバスがよく分からず探すの苦労してたよ
    サイド使いが違うのは分かるんだけど
    色んな人の豆知識はためになる

    なろうでは初めに出たのと別のキャラメインに移ると主人公どこいったとよく言われてるし連載形式では難しそう
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 19:55:22 ID:-▼このコメントに返信
    俺の書いてるの、出だしの登場人物が主人公じゃないパターンばっかなんだが……読まれない理由のひとつがわかった気がする。
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 20:11:08 ID:p5viccLg▼このコメントに返信
    書き手にすると「群像劇? マジむり…」ってなる
    一人ひとり設定考えるのメンドくさいんだもの
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 20:21:40 ID:4YPEPydM▼このコメントに返信
    なろうで群像劇読んだことねぇ……
    Pixivの「」
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 20:22:55 ID:4YPEPydM▼このコメントに返信
    途中で投稿してしまった……
    Pixivの「指輪にまつわるエトセトラ」は結構面白い群像劇だった覚えあるのでおすすめします
    名前: :2019/05/29(水) 21:30:25 ID:QXRaNfI.▼このコメントに返信
    ※10
    なろう系自体変な目で見られるのは全く擁護できないよな。自分の認識としてもそれは仕方が無い事だとは思ってるんよ
    ただ、ログホラみたいな作品が出てもそれがなろうだとは全然広まらないくせに、叩きやすい作品叩く時は「そりゃなろうだもん面白いわけないわ」みたいななろうを強調して無条件で馬鹿にしにいく風潮がどうにもね

    高評価なろう作品はなろうじゃなく、低俗なものは非なろうであってもなろう系。そういう、名前自体を蔑称に変えて貶めようとする流れが陰険過ぎる。普通に馬鹿にされるのなら全然納得出来るんだけどね
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 22:49:22 ID:-▼このコメントに返信
    この『アイなき世界』で僕らは
    VRゲームの群像劇。
    1部まで読んだけどまあまあ面白かった
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 23:09:21 ID:/9hBKkrU▼このコメントに返信
    なろう系なんて言葉は「あなたが気にくわないものがなろう系です、ただし他人の同意を得られるとは限りません」でしかないからなー
    なろう系言い出したやつはコイツ馬鹿だなーって目で見ながらスルーするのが一番だよ。
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/29(水) 23:13:09 ID:Mnohodwc▼このコメントに返信
    いやログホラも言われてたぞ
    味の付く料理の頭の悪さは有名だったし
    まあ脱税オークで一気に風化したが
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/30(木) 15:01:24 ID:WVGE6rFQ▼このコメントに返信
    異世界食堂が群像劇かどうかはともかく
    話によって時系列が前後するのがダメなら銀英伝もダメなんじゃねーの。
    誰が定義したのか知らんが定義の方が間違ってない?大丈夫?
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/30(木) 18:07:13 ID:n9ypLpJg▼このコメントに返信
    ※20
    銀英伝は基本が群像劇で構成されており、そこに「あの時何があったか」を描写する事で歴史小説としても成り立ってる
    ただ、○○でもあり☓☓でもある。に拒否感がある人も大量にいるし、定義だけで考えるなら銀英伝は純粋な群像劇ではない
    鶏ガラベースで仕上げたビーフシチューが厳密にビーフシチューと言えるのか?みたいなもん
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/30(木) 18:38:56 ID:cKHcXIHI▼このコメントに返信
    作者が群像劇のつもりで書いてるなら群像劇でいいよ
    知らんヤツの「う~んこれは群像劇として合格!」みたいな話ほどどうでもいいもんは無い
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/30(木) 21:24:14 ID:-▼このコメントに返信
    そうそう。タグに群像劇って入ってりゃ、少なくとも作者は群像劇のつもりで書いてるんだから。
    名前:名無しのスコッパー:2019/05/31(金) 01:30:48 ID:tKQf3S82▼このコメントに返信
    懐かしいなwww>脱税オーク

    あれでログホラ3期も新刊も全部ご破産になったんだよな。
    まさかNHKでアニメ化した作品の原作者が脱税で逮捕されるとは思わんかったわ
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/01(土) 02:19:09 ID:N9YAp636▼このコメントに返信
    ※1
    脱税者で終わったから
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/01(土) 05:11:06 ID:n9ypLpJg▼このコメントに返信
    ※24
    収入に思考が追いつかなくなるんだからしょうがない

    最初は数ヶ月かけて書いた作品の印税が40万とかになっても、いきなり年5冊とか出さない限りは税金も低いしな
    趣味でやってたことが急に収入に変化した時、借金でもしていなければ自由な金として使えるわけだ
    段階を踏んで収入が増えていったならまだしも、突然のヒットによって作業量は変わらないのに印税が数十倍とかになるんだから頭はついていかんだろ
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/01(土) 11:39:37 ID:-▼このコメントに返信
    脱税を仕方がないで済ませるなよ
    悪質(又は重過失)だから脱税として起訴されて、裁判で刑も確定したんだから
    少なくとも申告漏れ等でない事は確定しとる

    というかワザワザ立ち上げた版権料管理の法人に
    入ってくる億単位の収入から1円も納税してないとか
    もし天然でやっとるなら包囲殲滅陣レベルのバカ行為だろ
    何の為の法人化だよ
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/01(土) 12:57:42 ID:mQop/nM.▼このコメントに返信
    ※27
    擁護してる奴のレベルで、作品の程度がわかる良い例
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/01(土) 22:51:57 ID:n7JjWSm6▼このコメントに返信
    ※27
    昔サラリーマン家庭の人が宝くじで3億当たった時、2億5千万の家を買い、後に固定資産税が払えないからと数年で家を売る羽目になったが1千万しか価格がつかず莫大な借金を抱えた奴もいる

    年々収入が増えていった人や、社会の仕組みを理解した上で莫大な収益を得た人間であれば、収入の半分近くが税金で消えるのも理解しているから納税する人が多い
    執筆業でいきなり莫大な金額を手に入れた人はギャンブルで買ったあぶく銭みたいな感覚が抜けず、半分近く税金で取られるのが理解も納得も出来ず、この金は俺のモンだと意固地になって隠すやつが多い
    脱税が仕方ないんじゃなく、本人の頭が収入に見合ってないのが仕方ないんだよ
    法人を立ち上げようが、なんかいきなり金が手に入ったんだし、なんか適当に税金もごまかせるとフワフワ考えた結果がアレ
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/02(日) 01:03:28 ID:-▼このコメントに返信
    そこで意固地になって隠す
    なんて選択になる時点でやべーだろw

    というか、原因が性根の悪さか頭の悪さのどちらにあるかは知らんけど
    人格的に問題るなろう作家や
    学生やニートだった世間知らずな作者ですら
    ままれ以外は今の所やっとらんような事なんだぞ?
    そんな普通の事のように語られたら
    他の作家連中が可哀想だろ
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/02(日) 08:25:51 ID:195Lvy4Y▼このコメントに返信
    ※30
    ただの妄想に過ぎないし、まともに相手するだけ無駄だろ
    確定的に言い切ってる時点で、思い込みが酷すぎてヤバい

    結局、どうしてその経緯になったのかは本人以外に分からんものだしな
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/02(日) 13:40:48 ID:WAwEn4EQ▼このコメントに返信
    税理士の再三の警告にも関わらず無視を決め込んで悪質と判断されるアホだしな
    こんなのが頭使った話作ろうとすればあんなのが出来るわけだよ
    名前:名無しのスコッパー:2019/06/25(火) 13:53:40 ID:qx6UTKxA▼このコメントに返信
    久し振りに読み返したので異世界ツーリングを推しておく。
    本編では時々視点が飛ぶ程度だけど外伝の歩兵中隊は群像劇として書かれている作品。
    注意点として戦争を描いているので人は死ぬし血なまぐさい描写に満ちているから悲劇やグロ耐性が極度に低い人にはダメかもしれない。
    名前:名無しのスコッパー:2019/07/02(火) 12:14:23 ID:3ICn0UlA▼このコメントに返信
    異世界ツーリング読んだ。

    タイトルとあらすじから、これは喋るバイクと行く異世界観光記なんだな……と思ったら、
    割と普通の転移物ファンタジーだった。特に目的もなく異世界に放り込まれた主人公が、
    冒険者やったり内政チートしたりする話。旅要素はあまりない。
    ただキャラの掘り下げはよく出来ていて、心情描写なんかは抜群に上手い。

    ……で、群像劇の話とかすっかり忘れた頃になって、外伝で歩兵中隊の話が登場。
    本編とは大きく違って、本編で主人公がサンダース軍曹バリに鍛えた歩兵中隊がメインとなり、
    死んだり殺したりしながら、騎馬蛮族の大群から砦を守るお話。

    なろうでは戦記物も結構読んだけど、中隊規模の戦場描写としてはトップクラス。
    外伝と言っても10万字くらいあるし、本編とも大分ノリが違うので色々手の伸ばしにくい
    話だけど、たしかにこれは面白い。

    歴史小説家の岩井三四二とか好きな人なら絶対気にいると思う。いい作品でした。
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
異世界姉妹と始める領地経営  婚約者が前世の妹で逃げられない (アース・スターノベル) 戦鬼と呼ばれた男、王家に暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる 2 (アース・スターノベル) 冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた  6 (アース・スターノベル) 脇役艦長の異世界航海記 ~エンヴィランの海賊騎士~ 3 (アース・スターノベル) 私、能力は平均値でって言ったよね!  12 (アース・スターノベル) 戦国小町苦労譚 現代女子、戦場ニ立ツ (5) (アース・スターコミックス) 野生のラスボスが現れた!黒翼の覇王 (5) (アース・スターコミックス) 私、能力は平均値でって言ったよね! (4) (アース・スターコミックス) 英国幻想蒸気譚II -ブラッドレッド・フォルクール- (DENGEKI) 死に戻り勇者は魔王を倒せない ~セーブポイントのご利用は計画的に~ (DENGEKI) オカルトちゃんねる (富士見L文庫) メイデーア転生物語 1 この世界で一番悪い魔女 (富士見L文庫) 栽培女神!~理想郷を修復しよう~ (モーニングスターブックス) 塔の管理をしてみよう 4 異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました 10 概念交差のストラクチャー (カドカワBOOKS) お弁当売りは聖女様! 2 ~異世界娘のあったかレシピ~ (カドカワBOOKS) 君は死ねない灰かぶりの魔女 (カドカワBOOKS) クレイジー・キッチン (カドカワBOOKS) この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる6 (カドカワBOOKS) 父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS) 大預言者は前世から逃げる 2 ~三周目は公爵令嬢に転生したから、バラ色ライフを送りたい~ (カドカワBOOKS) 元・世界1位のサブキャラ育成日記 3 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~ (カドカワBOOKS) 異世界おもてなしご飯(4) (角川コミックス・エース) この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる 2 (ドラゴンコミックスエイジ) デスマーチからはじまる異世界狂想曲9 (ドラゴンコミックスエイジ あ 10-1-9) 父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。(2) (ビッグガンガンコミックス) 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 短編集1 冥王様が通るのですよ!