スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline

内政チートものでオススメある? その8

小説家になろう:内政チートものでオススメある?
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3193.html

内政チートものでオススメある? その2
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3516.html

内政チートものでオススメある? その3
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3787.html

内政チートものでオススメある? その4
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4060.html

内政チートものでオススメある? その5
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4281.html

内政チートものでオススメある? その6
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4489.html

内政チートものでオススメある? その7
https://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-4657.html


730 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/03(火)17:30:29 ID:sX2

内政チートものでオススメある?
最近某やる夫スレを久しぶりに読見返して内政チートの気分なんだが
最悪、知識チートはなくても内政してて面白ければいいよ


3 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 12:39:22 ID:-

ガチな内政が読みたい反面、ゆるゆるな内政も読みたい
まあ結局面白く書いてくれればどうでもいいってなる



5 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 12:56:41 ID:-

内政チートと呼べるかは分からないけど、内側から良い方向に変えていくって意味じゃ『本好きの下剋上』が結果的に最初と最後で内側が変わったと思う。
批判的な意見が当たり前に出るから、そこを何とかするために努力するのもルアルかと。



6 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 13:00:15 ID:-

内政モノ?ならバリアン好きだったな
中途半端な知識で行動して失敗したり、領民に理解されずに頓挫したりで面白かった


田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』  作者:小倉ひろあき

平凡な人生を歩んだサラリーマン田中。
彼は41才という短い人生を終えた……はずだった。

だが気がつけば、彼が立っていたのは『中世ヨーロッパ風』の世界だった。
中世とは暖炉も無く、食事は手づかみ、挙句の果てには都市で豚を放し飼い……豚は何を食べてるのかって? ウンコですよ。

田中はこの厳しい世界で、「バリアン・ド・リオンクール」として第二の人生を歩む。
平凡なサラリーマンは生き残れるのか?



※14話辺りからエグいと言われます。苦手な方は御注意ください。


小説家になろう



10 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 14:56:36 ID:-

ダンジョンの魔王は最弱はエタったかと思ったが久々に更新されてたな。

後は紹介されてない奴を適当に。
木の精霊に転生  。神様は異世界に~の人の奴。TS注意な。今の所TS要素一切ないが。
異世界王朝物語は途中から能力使って内政する話になったな。
神統記は今のところ仲間に任せて主人公は内政してないが集落作って仲間集めしてる。


木の精霊に転生することになったんだけど想像してたのと違う  作者:アマラ

 自転車での出社中、猪に轢かれて死んだ主人公だったが、なんやかんやあって異世界に木の精霊「ドライアド」として転生させてもらえることになった。
だが。
転生する基になる木が、なんか想像してた感じと大幅に違っていたのである。


小説家になろう



13 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 16:38:23 ID:-

内政ものは「領主を継いだので好き勝手やってみた」位が丁度良いわ

領主を継いだので好き勝手やってみた  作者:堀江ヒロ

親父が死んだので領主を継ぐことになった。オレが継いだからには好き勝手やってやるぜ! 目指すは美味い物を食って毎日グータラする生活!!
領主は自分の思った通り好き勝手やっているつもりが、周りの人たちには名君と思われてしまう。勘違いコメディ。


小説家になろう



16 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 17:28:09 ID:-

どっちかというと現代知識チートだけど、やる夫と壬生愉快な仲間たちが面白かった。

新撰組内外の人達がどれぐらい強かったのか、どういう考えの持ち主だったのかを色々紹介してくれて勉強になった。



18 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 18:56:55 ID:ZKEs3CJw

内政チートって科学技術史と経済学がないとつらいと思う
『石炭と水晶』
主人公 現地人 前世?あり系  元なろう 移動先 カクヨム?
身一つから蒸気機関を開発、バックトゥーザフューチャー3を思い出す
製氷機を作り、嫁のために機関銃を作製、販売のために機関車を敷き設を行う。 
蒸気機関からの文明の発達が細かく描写されてておすすめ


『ベルリク戦記』
主人公 現地人 内政ものというか仮想戦記だけど
遊牧民族の地をひく戦争狂いの主人公が妖精さんと仲良くなって世界中で戦う話
妖精さんは死を恐れなくて科学技術の信奉者だから内政?がどんどん進む


ベルリク戦記  作者:sat

 ベルリクは好んで譲らず先頭に立って突撃する指揮官の鑑。口八丁、奇襲攻撃、水陸共同、火力優勢、物量優越、焦土化の努力は基本。老若男女構わず容易に合理で虐殺を行って感慨も薄く、必要なら生かして目玉を抉って送り返す。
彼の仲間達がその知恵と勇気と狂気を称え、推し進めて止めることはない。
西に東に文化圏を越えて戦場へ飛び込んでは勝利と死体と廃墟を作り上げる。

この世界に国際条約は存在せず、大義や国益があっても正義や悪に容赦や人権は無い。

*地図、戦図有り


小説家になろう


『紫苑穢国のエトランジェ』
主人公 平行世界の武家出身の日本人 召喚系 
ファンタジー系多民族国家に転移 内戦前に戦車の改造を行ったり、龍を使った攻撃騎を使った電撃戦
等軍事知識に関る内政もの


紫苑穢国のエトランジェ  作者:扶桑之御狐

 重厚で不条理な戦記を貴方に!

コンセプトはファンタジー世界で、可能な限り現実的な戦記をというものです。

少年は今の生活を気に入っていた。不器用ながらも優しい祖父と、長年、連れ添ったような幼馴染。それだけが少年の世界だった。

だが、そんな日常は脆くも崩れ去る。

少年は異世界へと流れつき、異邦人となった。

そして、異邦人はやがて英雄となり多くの者たちの命を左右する者へと押し上げられる。時代が求め、愛する者が求め、国家が求める英雄の在り様に苦悩しながら異邦人は歩み続ける。

英雄の在り様と苦悩、恋と戦争に彩られたその生き様を描く異世界軍記、始まります。


小説家になろう


『予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~』
主人公 転生系主人公 
商人の家計で経済系のチート ある章で魔術に対抗するために微生物を使用するなど現代化学的な方法で
対処するなどの発想が面白い


予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~  作者:のらふくろう

「どうか聞いてください。今年、西方より大いなる災いがこの国を襲います」
平和を謳歌する王国に王女アルフィーナの不吉な予言が告げられる。だが、反逆者の血筋を疎まれる姫の言葉は無視される。
経済学部院生から行商人の子に転生した主人公リカルドは身分社会で大商人の妨害に苦戦。情報を求めて入った学院でも早々に反感を買っていた。
そんなリカルドを庇ったのはアルフィーナだった。「王女なんてボラティリティーの高い人間には近づかない」と保身に走ろうとするリカルド。だが「策士を気取ってる割にチョロい」と幼馴染に嘆かれる彼は、姫の予言に巻き込まれていく。
「もっともらしさは問題じゃない。仮説の成否を検証できるデータをどう取るかが重要だ」
災厄の本体ではなく被害後しか映さない予言に対し、リカルドは現代知識の概念を魔力災害に応用することで解明していく。
◇◇◇◇
2017/10/08:全11章(約98万字)で本編完結しました。
2018/01/06:後日談完結しました。

2018/08/20:おかげさまで講談社レジェンドノベルスより書籍予定です。
後日談Ⅱ『水色の商品開発』を開始しました。

© 2016 のらふくろう


小説家になろう


『異世界辺境経営記』 
転生系主人公
経済学の視点のみでいかに現代の経済がチートなのかあらわしてる作品
銀行の恐ろしさが良くわかる


異世界辺境経営記  作者:本坊ゆう

エコノミーとは単なる理財にあらず。世を富まし、民を救済する治天の理想なり。

銭の前には人は平等。
あれもない、これもない、無い無い尽くしの辺境の寒村ダグウッドの領主になった転生者フェリックス。魔法チートはあれど、道路工事の穴掘りで核兵器を使えないように、現実の問題の前には魔法チートは何の役にも立たない。貧しいため、口減らしで村を出なければならない少年一人さえ救えない。
彼にあったのはマクロ経済の知識だけ。勝算があるわけでもない。それでもフェリックスは遠い道のりを歩き始める。この一歩が、いつか理想へと至るための最初の一歩になることを信じて。


カクヨム



94 名前:名無しのスコッパー :2018/05/10(木) 08:41:29 ID:-

予言の経済学
王道で面白かったわ
魔術も分析応用してるところ、主人公の戦闘力がゼロなところがいい



20 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 19:16:40 ID:-

「三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~」 
「いいご身分だな。俺にくれよ。」....の2作を今読んでる、おもろい


三大陸英雄記~現代知識による帝国再建記~  作者:桜木桜

 日本という国で生まれ、育ち、死んだという前世を持っていた少年エルキュールが生まれたのは……衰退の一途を辿る帝国の皇室であった。
この帝国、かつては超大国として世界に君臨していたが……今では財政が破綻し、軍事力の低下によって蛮族に領土を荒らされ、挙句毎年のように貢納金を周辺国から絞られるという、国としてはオワコン状態になっていた。

しかもまともな後継者がエルキュール少年しかいない!

「えー、逃げ出しちゃだめ?」
「ダメです」

斯くして十二歳という若さで即位したエルキュール少年。
エルキュール少年は前世の知識を生かして、税制改革を行い、産業を興し、財政を立て直し、行政を再整備し、軍制を改革して……帝国の立て直しに奔走することになる、

これは後にレムリア帝国中興の祖、三大陸の覇者『聖光帝』エルキュール一世として歴史に名を残す、若き皇帝の物語。

というコンセプトの内政、戦記モノです。
農業器具の開発やボーンチャイナの開発など、テンプレ的な内政も行いますが……
どちらかというと、税制改革や軍制改革などが主になります。

主人公はマキャヴェリズム的君主なので、少々癖がありますが、好きな人は好きになれると思います。

ちなみに、一応モデルはビザンツ帝国です。
ですので西欧、東欧、中東、北アフリカ(っぽいところ)辺りを主な舞台とします。


カクヨム様にも投稿しています。


小説家になろう


いいご身分だな。俺にくれよ。  作者:nama

【第六回ネット小説大賞にて受賞致しました】
事故で死んだ高橋 修は前世の記憶が残ったままウェルロッド侯爵家のアイザックとして生まれ変わった。
だが、そこは妹がプレイしていた恋愛ゲームの世界。
そのゲームは”略奪愛”をテーマに、婚約者のいる攻略キャラを奪い取るという酷い内容だった。
その攻略キャラも酷い奴揃い。

「あんな王子が未来の国王? だったら、俺が王になった方がまだマシだ」

これは乙女ゲームの世界で、空気を読まずに覇道を歩む男の物語。

※ただいまサブタイトルなどを順次付けている最中です。


小説家になろう


「錬金術師の強くてニューゲーム?異世界で国造り始めます」 
「予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~」
「捨てられおっさんと邪神様の異世界開拓生活~スローライフと村造り、時々ぎっくり腰~」
「必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない」
「異世界商売記」
...なども


錬金術師の強くてニューゲーム?異世界で国造り始めます  作者:西城レイ

 美都は廃人ゲーマーの女子高生。嵌っている国造りゲームの『コクナロ』に突然今までには見たこともない文字『強くてニューゲーム』が現れた。わくわくしながらクリックすると、ゲームの世界に転移していた。
しかも『強くてニューゲーム』なはずなのに戦闘能力はスライム並み。
「私にはゲーム知識と錬金スキルmaxがあります」
そんな錬金術師が国主となりチートな力を発揮し国を大きくしていく物語。


小説家になろう


捨てられおっさんと邪神様の異世界開拓生活~スローライフと村造り、時々ぎっくり腰~  作者:天野ハザマ

会社をリストラされた月林雄太は、その帰り道に異世界召喚に巻き込まれてしまった。
勇者に相応しいスペックを召喚高校生達が見せる横でフォロー不能の外れスキル「不健康」「ぎっくり腰」を発現させた雄太は金を渡され放逐されてしまう。

ならば現代知識チートだと一念発起するも、襲われ金は奪われて。
冒険者なりあがりを夢見る前に、不審者扱いで王都追放。

一体俺が何をした!
叫ぶ雄太をクスクス笑いながら見るは一人の少女。やさぐれ雄太に追い討ち攻撃。
雄太を踏みつけながら言うことには、少女はどうやら邪神様。

「養ってあげるから、私を信仰する村を作りなさい」

そうして始まった異世界開拓スローライフは、雄太にほんの少しずつ幸せをもたらしていく。

【アルファポリスさんでも投稿しています】


小説家になろう


必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない  作者:雪だるま

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。
それがこの物語の目的です。
とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。勇者とか英雄なにそれ美味しいの?魔王?ああ湧いてでてくるやつね?な感覚です。
では長いお付き合いになりますよう願います。
※「気持ち悪いとか、個人の主観での好き嫌い」の宣言はこの感想欄ダメですのでよろしくお願いします。
2018年5月22日にて2億PVと1500万ユニーク!!
うん、趣味で書いてたのが気が付けばここまできたよ。ありがとう。
※初期段階の原稿は誤字脱字多いと覚悟してください…ごめんなさい。


小説家になろう


異世界商売記  作者:通りすがりの村人

 異世界に転移してしまった少年、アスマ・ハルト。帰る方法も分からないので、異世界で生きていくしかない。少年の武器は石鹸作りの知識のみ。果たしてハルトは異世界で無事に生きていくことができるのか。
主人公は趣味だった石鹸作りを生かして商売を始めます。少しづつ経営が軌道に乗っていき、主人公が金持ちになっていく物語です。
完結を目指します。ブックマークや評価点が付くと、作者はとても喜びます。完結しました。


小説家になろう



27 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 20:51:58 ID:-

魔王は世界を征服するようです
戦地からの帰還を早めて内政してたら天下取ってた作品


魔王は世界を征服するようです  作者:不手折歌

川に溺れて死んだ男は、気づけば異世界で生まれ変わっていた。
問題ばかりで滅びかけた国の中で、人生をエンジョイしつつ自分の居場所を作っていく物語。

注意:
魔法などの幻想的な要素は登場しません。
主人公は特異な技能をもたず、超能力等特異な技能を持った人物も登場しません。

誤字脱字報告大歓迎


小説家になろう



36 名前:名無しのスコッパー :2018/05/07(月) 23:01:02 ID:-

魔王は世界を征服するようです
主人公の切れ者ぶりが肌でわかる感じが他とは違う
敵と決めたら容赦ない癖に自覚的にちょいちょい甘さが出る辺りもいい

まだ始まってすらないが戦争の流れにあわせて内政やってる感じがマイナスやね
戦記ジャンルじゃなく転生物だしローファンタジーでよかったように思うんだが…



45 名前:名無しのスコッパー :2018/05/08(火) 05:00:23 ID:-

「魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません」
この作者は大陸英雄戦記が有名だけどこっちも好み
脳筋軍団が感化されていく様子が好き。


魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません  作者:悪一

 人類軍との飽くなき戦争を続ける魔王軍は危機に瀕していた。

空を駆ける鉄の竜、大地を支配する鉄の馬、地平線の彼方から放たれる鋼鉄の雨。これらの機械兵器を操る人類軍を前にして、魔王軍は一発逆転を狙って異世界から救世主を召喚しようと試みる。
これで魔王軍は救われ――

「あの、事務しかできないんですけど」
「待って」

――ると思ったけどそんなことはなかったぜ。

現代日本にてごく普通に暮らしていた俺こと秋津アキラは突如としてトラックに撥ねられフライハイ、そのまま異世界に飛ばされ「魔王軍を救ってくれ」といきなり無理難題を突き付けられる。事務しかできない俺がそんなことできるわけないだろ! という叫びは「勿体ないから」という理不尽な理由で魔王軍の事務屋におさまる。
なんか帰れなさそうだから軍隊らしく兵站(へいたん)業務でもするかな! と思ったのだが……。

「……兵站ってなんだ?」
「はい?」

これは、前近代的な軍隊でしかなかった魔王軍が、紙とペンとインクを駆使していかにして変わっていたかを追う物語――

「とりあえずこれにサインを――」
「文字書けないです」
「えー……」

――だったらいいなぁ。


小説家になろう



50 名前:名無しのスコッパー :2018/05/08(火) 12:15:13 ID:-

最近読んだ奴だと『自分が三人揃えば文殊の知恵、必ず成り上がって見せます!』  かな
よくある内政チートだけど主人公達の設定が面白いのと丁寧に作られているので、内政チートが好きな人にならおススメ


自分が三人揃えば文殊の知恵、必ず成り上がって見せます!  作者:0343

とある王国のと辺境の貴族家に三人の幼い兄弟がいた。
一見して何の変哲もない男の子たちではあったが、その三人は前世の記憶を有していた。
それも三人とも同じ人物の記憶をである。その記憶を受け継いだ三兄弟は誓った。
今度こそは、有意義な人生を送ると……だが、まだ齢六つの兄弟に出来る事は限られていた。
それでも小さなことからコツコツとをモットーに、三兄弟は辺境の山野を駆け巡る。

三人寄れば文殊の知恵……でも自分が三人でも、そう言えるのだろうか? まぁ、大丈夫! 自分が三人いれば大抵のことは、きっとどうにかなるものさ。

このときの幼い三兄弟はまだ知らない……この世界で生き抜くということが、どれほど厳しいものであるかを……


小説家になろう



55 名前:名無しのスコッパー :2018/05/08(火) 16:50:47 ID:-

『自分が三人揃えば文殊の知恵、必ず成り上がって見せます!』を読んだけどまあまあ面白かった。
内容は割とよくある感じだし上手くいきすぎって気はするけど、細かいことを気にせず読むならいい感じ。
田舎貧乏貴族なのと王様がクソなんで目を付けられないようにセコセコやっていくのがなかなか楽しい。



93 名前:名無しのスコッパー :2018/05/10(木) 02:54:30 ID:-

加賀100万石に仕える事になったとかも内政チートじゃないかな?
面白いかは置いといて。



113 名前:名無しのスコッパー :2018/05/28(月) 17:33:23 ID:-

内政チートと言うか、知識チート系だけど。
「未来知識で、江戸時代の金程村飢饉を回避せよ(はらへった防止作戦実施員の奮戦記)」
1778年、4年後に天明の大飢饉が始まる、という時代の寒村の名主の息子に現代人が憑依して、
名主の息子の人格とも相談しながら飢饉に備えた準備をする、という話。

時代考証は凄くちゃんとしていて、細かな部分に至るまで無理がない。
たまになろうにいる、理系入った歴史好きなタイプの作者だね。
反面、話の展開は遅くて地味でキャラクター性も薄いから、チートで大活躍!みたいな
小説を求めてる層が読んだらつまらんと思う。


未来知識で、江戸時代の金程村飢饉を回避せよ(はらへった防止作戦実施員の奮戦記)  作者:きただ まい

ごく一介のサラリーマンが、飲み屋で日頃溜まっていた愚痴を吐き出した。
それがどういう訳だか、愚痴から出た願いは聞き届けられ、変なお題目とともに活躍の場が与えられた。
だがその舞台が、なんと240年前の江戸時代で、しかも天明の大飢饉直前の寒村だった。
ごく普通の農村に居る名主の一家の中で、何の権威も持たない次男坊に憑依させられた俺は、4年後にこの寒村を襲うであろう天明の大飢饉による村人の被害を回避するため、平成の世で得た知恵を絞りだし、村人を救うためにいろいろなことをする」
といったお話です。


小説家になろう






おすすめ作品などがありましたらコメント欄にて書き込んでいただけるとありがたいです。





関連記事

文学・評論のランキング    
ライトノベルのランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 13:21:03 ID:-▼このコメントに返信
    異世界コンサル再開したのうれしいな。
    コミカライズに合わせての復活らしいが
    コミカライズの評判悪かったらまた中断しちゃうんだろうか。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 13:29:18 ID:-▼このコメントに返信
    売り上げ悪くて打ち切りからのエタだし次も当然あり得るだろ
    ないと思うほうが不思議

    あとジャンル的に内政なのか?
    商売的な話だと思っていたが
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 13:33:30 ID:-▼このコメントに返信
    侵略行為で人、土地、物資、技術を奪って敵を減らすのも内政に寄与する行い。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 14:11:40 ID:-▼このコメントに返信
    予言の経済学はいいよね、カジュアルで読みやすくて好きだった
    ちょっと都合よく行き過ぎなところはあるけど難しすぎず簡単すぎずで
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 15:27:29 ID:-▼このコメントに返信
    先に手を出したら内政としては微妙だろ
    戦記やってろ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 16:33:21 ID:-▼このコメントに返信
    今回上がってるので、読んだ範囲だと、
    お薦めが
    ・自分が三人揃えば文殊の知恵、必ず成り上がって見せます!
    ・いいご身分だな。俺にくれよ。
    ・加賀100万石に仕える事になった

    悪くはないけど、方向性がなんとなく違うのが
    ・田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』 
    ・ベルリク戦記
    ・本好きの下剋上

    子供の理想が具現化したような、なろう特有作品
    ・異世界商売記 

    内政は手段で、目的じゃないから、それだけってのは少ないね。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 17:31:11 ID:-▼このコメントに返信
    予言の経済学は書籍化決定したみたいね。
    主人公の保身(笑)な性格がちょっと気になるが内容はそれなりに面白かった。

    少し前にここで紹介されていた「異世界転生ダンジョンマスターとはぐれモノ探索者たちの憂鬱」も一応内政モノか。
    ダンマス側の内政話よりも冒険者側の攻略話のほうが文章量多いし、正直このまま冒険者視点だけにしたほうが面白いんじゃね?って感じる
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 18:50:21 ID:-▼このコメントに返信
    >加賀100万石に仕える事になったとかも内政チートじゃないかな?
    >面白いかは置いといて。

    ちょ、待てよ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 18:54:47 ID:-▼このコメントに返信
    ※1
    あれは尼のレビューにおかしなビジネスマンもどきのバカが大量に湧いたせいらしいな

    もう一つの作品の方がプロのSF作家に「読んでるよ。続きは?」と言われるレベルには技量のある人なんだから、その手の有象無象なんぞ鼻で笑ってシカトしてほしいもんだが
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 18:59:53 ID:-▼このコメントに返信
    加賀はよく挙がっているがあらすじから想像されるようなのと違って全くそろばんも頭も使ってないからなぁ
    チートなんだから正しくズルという意味では間違っちゃいないんだが……
    そこ抜きにしても一話が短すぎて読後感が悪いし良い切りどころが無いんだよなあ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 19:11:40 ID:-▼このコメントに返信
    異世界コンサル、小説としてはともかくビジネス書としては中身が無い
    当たっている批判も多かったよ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 19:15:22 ID:-▼このコメントに返信
    あれをビジネス書として売り出した出版社側と、表紙を見てビジネス書だと思う知能の自称ビジネスマンに問題がありすぎるわ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 19:20:23 ID:-▼このコメントに返信
    桜木桜は途中から戦争ばっかになってつまんなくなる
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 19:50:34 ID:-▼このコメントに返信
    石炭と水晶の序盤を読んでみたけど、読みづらい。
    冗長なわりに、説明不足。話が飛ぶ。最初に裁判持ってくるとか。読者をふるいにかけるような作風。
    時間があればと思うけど、今回は挫折。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 19:57:12 ID:-▼このコメントに返信
    未来知識で~を読んで見てるけど、何をするにしても説明文を登場人物たちが読んでる感じで
    物語としてはあまり面白くないかな。
    誰が喋っても同じような言い回しや口調でわかりにくいし同じような説明多すぎ。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 20:43:36 ID:-▼このコメントに返信
    石炭と水晶はただただ読みづらいね
    あと小説というより説明+歴史解説+会話の集合体で物語ではない
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 21:19:02 ID:-▼このコメントに返信
    内政とは言い辛いけど、異世界のんびり農家がひたすら内政っぽい事やってる気がする
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 21:27:39 ID:-▼このコメントに返信
    大友姫巫女の作者の新作が未来知識による内政チートだな
    舞台が平成日本だけど
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 22:18:13 ID:-▼このコメントに返信
    異世界コンサルは内政だろ
    内政って、知識(知恵)で生活を浴する話の宗匠だと思うんだが
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 22:32:36 ID:yjwl.vYI▼このコメントに返信
    戦国転生 八戸政栄の野望 どちらかと言うと開発日記
    半年更新来てないけど
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 23:03:08 ID:-▼このコメントに返信
    7で紹介されてる「やるおたちの、異世界・世知辛チート物語」
    最近第二部が投下され始めたからこれを機会に読んでみるのもいいかもね。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 23:04:29 ID:-▼このコメントに返信
    内政って漢字通り、国内向けのまつりごとって意味だろ

    流石に商売や戦記を内政呼ばわりはムチャ過ぎる
    なんかタグに含まれたら群像劇だとか、ガチで夏休みの影響出てんな
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 23:18:17 ID:-▼このコメントに返信
    ※18
    『現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変』の事?
    スタートがバブル崩壊でゴールがリーマン回避ってやつ。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 23:40:51 ID:-▼このコメントに返信
    昔ここで異世界コンサルの話題が出始めた頃に「靴ガー、靴ガー」ってバカの一つ覚えみたいに言ってた連中が居たが、設定した世界観内で分かりやすいイノベーションの勃興を靴という形に落とし込んで、その上で社会に新しい概念を浸透させていく過程をエンタメ方式で分かりやすく見せていることにも気づかんようなオツムなんだろうか、と失笑した覚えはあるな
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/22(水) 23:42:44 ID:-▼このコメントに返信
    いいご身分最新まで追いついたが
    悪役らしい悪役が今のところ見当たらないせいで潰す程悪い国かぁ?って思ってしまう。
    主人公の内政力もこっから伸びはするんだろうが現状そこまで…だし国ひっくり返した後のビジョンないままだし
    主人公が親父の二股から発した面倒事にネチネチ嫌味言うシーンが何度もあってしつこいのにタグ信用するならハーレムになるようだし…
    野心の根っこがふわっとしてるせいででかい目標支えるには弱すぎると感じるなー

    穏便にヒロインGETする手段色々講じた上での唯一の結論レベルに詰んでたりせめて一途主人公なら素直に応援できたんだけども。
    ハーレムルート楽しみにするには要員が皆モブい感じで名前覚える気にもなれないのもネック
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 00:13:40 ID:-▼このコメントに返信
    辺境伯ロイド
    内政パートかと思いきや唐突に戦争パート。正直読みづらい。けど作品自体は面白い。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 00:15:09 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服する気配がないようでした
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 01:06:44 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようです
    主人公が一々茶々入れてきてうざいけど面白くなる要素あるの?
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 01:57:35 ID:-▼このコメントに返信
    ※28

    面白いぞ。主人公が歳を重ねて自由に動けるようになったあたりから特に
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 03:19:40 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は主人公がセリフにツッコミや感想入れる文体がもう無理だったからブラバしたわ
    歳を重ねて自由に動ける辺りから面白くなるとか言われてもどうでもええわ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 08:24:01 ID:-▼このコメントに返信
    宝くじ40億
    これはすごいぞ?
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 09:53:02 ID:-▼このコメントに返信
    異世界辺境経営記は文章が巧い。面倒な解説、説明パートが秀逸で読ませる。最初の20話位は特産品開発、人材登用、領外外交などの成功を一つ一つ積み上げテンポの良い、読んでいて楽しい作品になってる。

    但し、主人公の子供が生まれるくらいから産業基盤、工業基盤があって且つ革新が必要で数世紀単位の時間が必要であろう事象が、説明無しでサクッとできちゃうご都合主義を発動。安っぽい作品になってしまった。
     中世にマクロ経済をぶち込むコンセプトを達成するために必要な過程を、作者さんが待てなかった感じ。

    まあ、内政は結果が出るのに時間がかかるものなので、結果を待てない読者に合わせたとして、幾つかのご都合主義に目を瞑れば、文書の巧みさもあり非常に読みやすいエンターテイメント作品だね。

    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 11:07:17 ID:-▼このコメントに返信
    いいご身分は主人公が悪役じゃないのか?
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 11:12:34 ID:-▼このコメントに返信
    「弱小貴族の異世界奮闘記 ~うちの領地が大貴族に囲まれてて大変なんです!~」
    「異世界コンサル株式会社」
    を最近読み出した
    「転生少女の履歴書」は内政に入るか微妙だな、学園モノに近いし
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 12:22:15 ID:-▼このコメントに返信
    ※22
    よく出来た戦略ゲームが戦争パートと内政パートの両輪で回ってるように、戦記物でも大抵は内政パートあるぞ
    成り上がりや下克上パターンだとそれやらないとその軍事力はどうやって経済的に支えているかって物語の裏付けが全然なくなってしまう

    ※23
    更新楽しみにしてるけど内政チートと言うよりは経済戦争や政治闘争ものじゃないかなー
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 13:21:00 ID:-▼このコメントに返信
    ※35
    いや軍記に内政パートがあるのは分かるが、それがその作品のメインってあまりないだろ?
    さらに内政でチートを使ってる作品なんてもっと少ないだろ

    この記事で求めるのはあくまでも内政面でチートすることで、内政パートがあるから~
    なんて言い出すとほぼ全ての軍記物が上がる羽目になると思うが
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 14:48:25 ID:-▼このコメントに返信
    いいご身分は国奪えそうな未来を知ってるから簒奪してやろうって話で、悪い国だから直そうって話では無い
    父親の二股についても、結果殺されそうになってたんだから当然文句は言うだろ
    やるなら上手くやれよって話で、ハーレム良くないって文句言ってるわけではない

    主人公は正義の味方じゃないぞ
    それが気に入らんってのならまあ分からんでもないが
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 15:13:16 ID:-▼このコメントに返信
    ベルリク戦記おもしろいね
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 15:20:14 ID:-▼このコメントに返信
    いいご身分は好きだけど、この主人公国とって本当に大丈夫なのか感はすげーある
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 15:40:29 ID:-▼このコメントに返信
    大丈夫だろ
    優秀な部下がなんとかしてくれる
    いないけど
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 16:52:33 ID:-▼このコメントに返信
    良いご身分は、最初のプロローグのシーンまでの道のりが長すぎてだれるわ

    元のゲームのワンシーンを思い出す感じに描写して、ここで奪ってやろうみたいな謀をするならまだありだとおもうけど
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 18:17:31 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようです再開してたんか
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 19:39:37 ID:-▼このコメントに返信
    加賀100万石に仕える事になったは戦国物としてはアレだけど好きだったよ
    ただ内政チートというか開発チートなハメのガンダム二次の方が好き
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 21:00:58 ID:-▼このコメントに返信
    >魔王は世界を征服する気配がないようでした
    作者も書籍化する気配がない自作に心折れとるし適当に完結させてさっさと次作でも書いてほしいな
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 21:38:17 ID:-▼このコメントに返信
    加賀100万石は内政チートというよりご都合主義だからなぁ、特に内政描写がいいかげんなのがあかんやろ
    特に戦国時代の農村が自治すんのが領主が楽だからとか、中学の歴史の教科書以下の発言は呆れた
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 22:23:21 ID:-▼このコメントに返信
    予言の経済学は散々手伝ってくれた敵国の皇女と幼少期からの腹心の2人の気持ちにせめて答えくれてやれよと思って終盤楽しめなかったな
    利用するだけ利用して好意を受け入れないし断りの返事もせずにメインヒロインとゴールインて…
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/23(木) 23:41:40 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようですは更新マジ10倍くらい早くしろよ
    無能支配層相手にクーデターでもいいしアメリカ植民でもいいし
    別人種と戦争でもいいからさあほんと丁寧に伏線張りすぎなんだよ

    早く書籍化しろ!
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/24(金) 00:56:41 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は内政描写はいいんだけど、主人公がガチの人の心がわからないキャラすぎるのに人望がある所が、作者の都合でキャラが動いてる感が強すぎるところがややマイナスで残念
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/24(金) 17:19:34 ID:-▼このコメントに返信
    一番好きな内政物なら、雪原の月影かな。現地主人公なので内政「チート」では無いけど。あとBLだから読む人あんま居ないのが残念。読みごたえはかなりあるから、雑食で何でもいけるって人にはオススメ。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/24(金) 18:17:00 ID:-▼このコメントに返信
    内政と戦争は切っても切れないのは分かるんだけど
    どうも戦記に偏ってる作品が多くてなあ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/24(金) 18:53:03 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようです
    面白いんだけどね絶対あのペースじゃ終わらないよね黒の魔王のほうが早く終わるかもね
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/24(金) 21:21:02 ID:-▼このコメントに返信
    内政はどうしてもご都合主義の連発になりやすいからなあ
    それを気にしない人にはいいんだろうけど
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 00:03:02 ID:-▼このコメントに返信
    我ら、里見水軍連合艦隊
    面白いんだけど更新ペース遅め
    まあ作者がかなり調べて書いてるのがわかるからしょうがない
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 02:03:40 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようですは、ヒロインの王女が自分には合わなかったな。
    正義感の強い脳筋といった感じだけど主人公が裏で画策するタイプだから蚊帳の外になってるし
    主人公も王女に好意抱いてる描写そんななかった気がするのにいつの間にかSEXするような仲になったの?という感じ
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 10:39:01 ID:-▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようですは面白いんだけどタイトルで損してるわ。
    キャッチーなタイトルついてたら、目つけられて書籍化してたんじゃと思う。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 11:32:52 ID:-▼このコメントに返信
    内政チートじゃないんだけど、王国へ続く道の内政パートは結構好き
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 13:48:12 ID:-▼このコメントに返信
    王国へ続く道、初めて読むけどテンポいいし面白いな。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 22:06:06 ID:-▼このコメントに返信
    ハメの その一握の気の迷いが、邪なものを生んだ 続き書いてほしい
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/25(土) 22:11:10 ID:-▼このコメントに返信
    終わってもいないのに改訂なんて始める人はエタしかないもんさ・・・
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/26(日) 00:10:04 ID:-▼このコメントに返信
    ※58
    あれめっちゃ好きだった…
    文系の俺には真偽はわからんけどあの作者は別作品でも理系チートで面白い
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/27(月) 11:16:16 ID:-▼このコメントに返信
    『未来知識~』はザックリ言うと江戸時代で炭焼きする話だけど、作者の人が燃焼実験とか自分でやっててスゲーと思った
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/27(月) 14:05:23 ID:-▼このコメントに返信
    コンサルがビジネス書ジャンルなのは出版社相手に作者が資料とか作って必死に推した結果だからなぁ。
    元々出版社側は「いや無理でしょ」っていう世迷い言レベルの反応だったみたいだし。
    失敗だったかはなんとも言えんが、作った敵の数>層の開拓ではあるよなぁ。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/29(水) 00:07:55 ID:-▼このコメントに返信
    「未来知識で、江戸時代の金程村飢饉を回避せよ(はらへった防止作戦実施員の奮戦記)」
    を読んでみたが、面白い。前作はこだわりが強すぎる印象で読んでなかったが、目的があって、順調な展開は読んでいて気持ちいい。
    大事な部分もよく調べてる感がある。日常で「いただきます」とか、話の筋と関係ないところでと時代錯誤もままあるけど。
     ご都合主義もあるがそう思わせないよう、前後の文章で可能なのだと読者に伝わるよう工夫した感じが読み取れる。
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/31(金) 06:20:20 ID:-▼このコメントに返信
    異世界辺境経営記読は玉葱とクラリオンの人の別名義かな?
    すごい癖が似てる気がする
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/31(金) 14:53:30 ID:-▼このコメントに返信
    ※63
    それ、目標をはっきりさせてるのが良いんだよな
    こまごまとした成功も目標に向かってどの程度進んだのかわかるから気持ちいい
    なろうって気持ち良さを売ってるところがある割に、こういう風に目標をはっきりさせてる作品って案外少ないな
    名前:名無しのスコッパー:2018/08/31(金) 16:34:35 ID:-▼このコメントに返信
    石炭と水晶読んだ、個人的には結構好き、
    読み辛いってのは確かに、読んでて眠くなる文章である事は確か、1話が長過ぎて区切りも悪いね、
    技術解説が長過ぎたり同じ様な説明を繰り返したりと言う部分が読み辛い要素の一つなんだろう
    けど展開自体は結構好み、この読み難い文章はになんか既視感あるなぁと考えてたら
    富野由悠季の文章と言うか雰囲気に近いな、作者は富野好きなんだろうなぁ、って表現結構あるし
    そういう部分も感性に合ったのかもね、解説部分は読み飛ばしても良い小説だと思う。
    名前:名無しのスコッパー:2018/10/03(水) 02:47:53 ID:f499rA2k▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようです
    すごく好きだけどタイトルから想像する内容とまるで違った
    今までの雰囲気が好きだったからタイトル詐欺のままの内容で良かったんだけど、最近の話から心を抉ってくる
    名前:名無しのスコッパー:2018/10/03(水) 13:47:42 ID:Xrlp5Oa6▼このコメントに返信
    クズい悪役のバカ女って敵キャラは創作だと珍しいかもしれんね
    きっちり主人公がトドメ刺したところはハーレム物に喧嘩売っててすこ
    名前:名無しのスコッパー:2018/10/04(木) 12:23:46 ID:JyzvCYBE▼このコメントに返信
    魔王は書籍化の話来てたんだね。毒殺のあたり念頭に入れてタイトルや話作ってたのは凄いと思うけど
    あのタイトルで書籍化しても相当話進めないとタイトル詐欺になっちゃうし、序盤は地味だから書籍化しても売り上げ厳しそう
    名前:  :2018/10/05(金) 21:12:57 ID:0bktOyqs▼このコメントに返信
    魔王は世界を征服するようです
    大手から話がきてないっていうのは、正直なところ内容の問題じゃないのよね
    過去に自分で提示した締め切りを何度も何度も何度も破ってるのは出版側からすると怖い案件でしかない
    気楽に投稿してますスタイルならともかく、プロ目線で語る割に中断理由は遊んでましたが大半
    これはシリーズ化しても爆売れしなきゃやる気がなくなって中断、ラインが止まる可能性があって責任を全部被る編集にはリスク
    特に大手はメディアミックスで売るなら関係企業も増えるから自分の頭だけでは済まないことになる

    作品外の作者のキャラクターもリスクが高いし手は出しにくいよ
    声かけてきた編集の所属レーベルの規模を比べるのは内心ならともかく表に出しちゃう時点で危険
    ツイなどで無自覚にどっかに喧嘩売って炎上する可能性がある
    感想に全レスは義務ではないが、気に入った感想にだけレスを返す性格は間違いなく燃料になる
    気分だし個人の勝手、それは当然なんだけどプロを志すなら話は全く違う
    書籍化する人の多くは自分のキャラも加味して全レスするか一切ノータッチ、この辺の姿勢に一貫性があるかは信頼材料の一つになっている

    他の平均的な作品より考えて作ってるけど、プロの場で勝負するにはプロに徹しきれてない
    大手はそういう人を起用して何度か大損害を被ってるだけに謙虚な姿勢か信頼できるキャラクターが必要だよ
    名前:名無しのスコッパー:2018/10/06(土) 01:18:09 ID:IqMj.zRI▼このコメントに返信
    感想欄の作者レスに対してはどうでもいいかな。面白い小説の感想欄で全レスなんて無茶だし、そんなことに労力割くなら更新に回して欲しいわ。
    好きな感想に返答してモチベーションが上がるならすれば良い。まあ、突っかかってくる馬鹿がいるからそれなりのリスクがあるのは確か。

    そもそも作者の人格と作品の面白さに何の関連性もないんだから作品の内容以外で盛り上がらないで欲しいんだよなぁ。
    一般人と違う視点を持ってたり偏執的な価値観を持ってるから面白いんだよ。大概が変人に決まってんじゃん。何の覚悟もなしにコミュニケーション求めちゃダメでしょ。
    名前:名無しのスコッパー:2019/04/22(月) 15:49:12 ID:8iCOsRG2▼このコメントに返信
    カクヨムの異世界辺境経営記
    内政の話は面白かったけど、途中から急に勇者や魔王の話が出てきたり、50歳のおっさん転生がいつの間にか学生の設定になってたり、憑依系ホラーみたいな話になったり、世界崩壊してBADENDで投げっぱなしになったりで笑ったわw
    まあ、一番面白かったのは、読んだら当然出てくるツッコミや至極真っ当な感想に全力で噛み付いてたことだな
    あそこまで作者が難ありなのを隠さずに返信してるのは失笑だった
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
4065204232 4065206111 4065203686 4065188342 4798622621 4798622656 4798622451 4798622680 4041090865 4041091705 4041082609 4041095417 4041094003 4074450151 4074439212 407445050X 4757567650 4041084857 457575272X 4575752703 4575243027 4575243035 4575242918 4575243043 4575242985 4575242977 4575411426