スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

小説家になろう:『死霊術師の人型兵器研究日誌』 『Flamberge逆転凱歌』 『Knife Sheath-次世代戦術試験中隊-』 『アポカリプスエイジ ―火星戦線―』 『暁のアルヴァスレイド』

312 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2017/05/05(金)00:41:18 ID:IKo

GWなので? ロボット物スコップしてきたの張るよー
丁度ツイッターで春のなろうロボまつりなんて物をやっていたので上から

死霊術師の人型兵器研究日誌 
http://ncode.syosetu.com/n5348dy/

終焉機ヴィクティムの作者の新作。死霊術×ロボットという珍しめのジャンル
内容はファンタジー物のなろうテンプレに沿っているけどその中に丁寧にロボットとの関わりが散りばめられている感じ
完全に個人の趣味になるけど、前作のラストが非常によかったのでこっちにも期待


死霊術師の人型兵器研究日誌  作者:梅上

カルロス・アルニカは代々続く死霊術師の家に生まれた。だが辛気臭い、見た目がグロイ、そもそも使えない魔法と揶揄される死霊術を嫌った彼は王立魔法学院への進学を機に、対龍人型兵器――魔導機士の研究に傾倒していた。
既に失われてしまった魔導機士の製造技術。それを再び取り戻すべく毒舌美少女な公爵家令嬢の相棒と二人研究を続ける。そんな中、ある日使えない魔法と思われていた死霊術が失伝した魔導機士製造技術に大きく関わっている事を知る。

毎日12時頃更新です。
カクヨムでも同名で連載しております。


小説家になろう



鎧装真姫ゴッドグレイツ
http://ncode.syosetu.com/n7185dp/

合体スーパーロボットもの。挿絵あり
ロボの挿絵があるのはイメージを補完してくれてロボものでは非常に嬉しい。
またも個人の趣味だが練習機での合体、制限時間付と言ったロボット物のお約束と言うかロマンがあって素晴らしい。
前作もあるみたいなのでそっちも読んだら紹介するかも


鎧装真姫ゴッドグレイツ  作者:靖乃椎子

四十八番目の都道府県として認定された人工島。
通称、イデアルフロート。
島の防衛隊員を育成する学園で、人型兵器のパイロットを目指す少女サナナギ・マコトは、訓練にも関わらず脱出装置を繰り返し使ってしまう事から“緊急脱出者(ベイルアウター)”と周りに揶揄される。
ある日、手足の無い真紅色のマシン《ジーオッド》が現れてマコトの訓練機と合体したことにより彼女の運命は大きく変わった!

SFスーパーロボットストーリー!
全話挿絵付き!
『人装神器ゴーアルター』と一部設定が共通しますが今作から読んでも大丈夫です。よろしければ前作もどうぞ!
http://ncode.syosetu.com/n8457ch/

カクヨムでも連載。


小説家になろう


Flamberge逆転凱歌 
http://ncode.syosetu.com/n6292cp/

これまた珍しい法律×ロボットと言うジャンル。
ロボットで戦って勝った方が法と言う何かこれどっかのカードゲームで見たことある! と言うのが初見の印象。
欠陥機で新鋭機に勝利すると言ったロボット物の王道を始め、巨大無人兵器やらロマンに溢れてる。後主人公の胸もロマンが詰まってる。


Flamberge逆転凱歌  作者:高菜 葉

今より未来。科学技術が現代より遥かに進み、漫画のような巨大ロボットが現実のものとなった世界。
人々の暮らしの中に巨大ロボットが当たり前のように存在する時代。
そんな未来を実現した独立都市「エルヴィン」には、ひとつの法があった。
決闘審判(デュエルジャッジ)。それは、巨大ロボット同士を戦わせ、その結果を法とする、華々しくも無慈悲な制度。
それが制定されたエルヴィンは、競い合うことで技術を発展させ、その裏で理不尽に泣く人々が生まれてきた。
 
広瀬涼(ひろせ・りょう)。
デュエルジャッジの存在するエルヴィンにおいて、戦う力を求められた新米の弁護士。
彼女にもたらされた出会い、巨大ロボット「フランベルジュ」の出現が、
果たしてエルヴィンに何をもたらすのか―――。

※自サイト跡地他にて、関連作品を執筆している作品です。
 これ自体の作品化は初めてですが、キャラクターや設定はこの作品が初出ではありません。


小説家になろう


Knife Sheath-次世代戦術試験中隊- 
http://ncode.syosetu.com/n9817dm/

SFリアル系ロボット。宇宙から飛来した隕石がキーワードの一つになっているので今後宇宙に行くのかも?
新型機を作る部隊への配属と言うこれまた王道的な展開。
戦闘シーンが多めで序盤からテンポよく話が進む。


Knife Sheath-次世代戦術試験中隊-  作者:杉本トモヒロ

時は近未来。人類史上最大量の隕石群が地球圏へ飛来した。
その大半は当時の各国技術者達の努力によって地球衛星軌道上に留める事で難を逃れたが、地上へ落下した隕石は世界中の幾つもの都市を消滅させ、社会の在り方を一変させた。
それから五十年後、隕石から発見されたスヴァローグ鉱石が新たなエネルギー・インフラとして普及する一方、鉱石を巡る政治駆け引きは社会不安を加速させ、それに対応するべく復興作業用に発展したマニピュレータが人型機動兵器へと転用され始める。
人型機動兵器は「アサルト・フレーム」と呼ばれ、その多様性からやがて戦場の主役として活躍するようになるが……。


小説家になろう


アポカリプスエイジ 
http://ncode.syosetu.com/n1151dy/

ちょっと画面が見辛い。宇宙生物VSロボット。大好物です。
スーパーなロボット無し、リアル系でアメーバ的な侵食してくる金属生命体との戦いはコズミックホラー的な要素を感じる。
まだ話数が少ないが、今後この系列で行くのならリアル系ロボットVS宇宙生物と言う1ジャンルを確立してほしい


アポカリプスエイジ ―火星戦線―  作者:擬人

 24世紀初頭、太陽系に広く進出していた人類は未曾有の危機に見舞われた。
 MELE(Metallic Erosion Living Entity=金属性浸食生命体)と呼ばれる地球外生命体の侵攻により太陽系各地は壊滅的被害を被り、その生存圏の後退を余儀なくされたのだ。
 人類世界の、そのライフライン中核を最優先にして進められたMELEによる侵攻は瞬く間に人類間の通信・交通連絡網を分断し、以来、系内各居住圏は自らの単位居住圏以外の現状を知る術を失う。各単位は悉く孤立し、その中で異形の化け物との戦いを強いられることとなる。

 MELE――その正体は判然としない。どこから、いかにして太陽系に飛来した存在なのか、或いは太陽系内で発生したものなのか、知性はあるのか否か――皆目見当がつかず理解不能だった。ただ1つ確実なのは、彼らが人類に対して徹底して敵対的で、情け容赦なく襲い来るという事実だ。
 故に人々は戦い続けるしかない。生き延びたいのならば、未来を繋ぎたいのならば、迫り来る異形を駆逐すべく戦うしかないのだ。
 ファーストコンタクトより凡そ10年、人類は未だ滅びず戦い続けている。しかしその先に差すべき光は未だ見えず、ただ絶望に満ちた戦いの日々が続くのみだった。

 アポカリプスエイジ――終末神話になぞらえて、この果て無き戦乱の時代は、いつしかこう呼ばれるようになった――――

随時改修
よって更新停止の可能性アリ

カクヨムと重複掲載


小説家になろう


暁のアルヴァスレイド 
http://ncode.syosetu.com/n9290db/

異次元からの侵攻者VSスーパーロボット。やはり大好物です。
突然現れた敵の技術がちらほらと見える主人公機に、周囲が距離を置いて化け物扱いしても戦いに出る姿は熱い。
それを部隊員が援護して、受け入れられるのは王道だけどちょっと目頭が熱くなった。


暁のアルヴァスレイド  作者:並兵 凡太

空から現れた天使によって人類の滅亡は始まった。
虚空から門を開き、人々を蹂躙する無貌の侵略者。人類はこの未知の存在を、白亜の巨躯と一対の翼から『天使』と呼んだ。
防戦を強いられる人類。そんな中、彼らは天使に対抗する切札として、漆黒の人型兵器『堕天機』を開発するに至った。人類の反撃の狼煙である。
――時は流れ、最初の天使襲来から13年後。
堕天機のパイロットである東雲サハラは天使との戦いの中で、未知の力に目覚める。その力により赤き機神『アルヴァスレイド』が誕生する。
謎に包まれたアルヴァスレイドと、覚醒し始めたサハラ。彼を中心に、運命の歯車は大きく動き始める──!

なろう版は毎週火曜日20時頃に更新!

※カクヨムにも投稿【https://kakuyomu.jp/works/1177354054881563043】


小説家になろう


取りあえず長々と書いたけど上から6作品紹介。ロボット物普及しますように……
書いている人は「春のなろうロボまつり」のタグ付けてもっと普及させようぜ!



314 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2017/05/05(金)02:28:17 ID:G8y

---------------

>>312
やりますねえ!ロボットは貴重品。
個人的には『蒼穹のファフナー』みたいに鬱い作品も好きなんだが、まぁ、需要ないから少ないよね。
なろう小説なら『終焉機ヴィクティム』みたいなね。結局、戦いは終わらない──ってのは嫌いじゃない。



362 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2017/05/06(土)06:59:59 ID:mBA

>>312
素晴らしい
そろそろその手の作品掘ろうと思ってた矢先だ
ありがたく全部読ませていたただす



【荒らし厳禁】小説家になろうおすすめ・雑談スレ 13冊目
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/bookall/1493353539/





文字数の都合上newではない鎧装真姫ゴッドグレイツをタイトルから省きました。




関連記事

ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング

  1. 名前: :2017/07/16(日) 17:40:49 [編集] ID:-
  2. 死霊術師の人型兵器研究日誌は極端に言うと「梅上版ナイツ&マジック」やね。

    現状すっごく悲劇臭が漂ってくるんですけど… orz


  3. 名前: :2017/07/17(月) 03:52:33 [編集] ID:-
  4. 死霊術読んでたら急に暗い展開になったなと思ったけどこの人の作風なのか
    ハッピーエンドは書けないタイプの人なのかな


  5. 名前: :2017/07/17(月) 07:56:48 [編集] ID:-
  6. ヴィクティム読む限りだと作風だろうね
    書けないのか書かないのかまでは知らんけど
    ファフナーとかマブラヴとかダークな雰囲気のロボ好きにはたまらん


  7. 名前: :2017/07/17(月) 11:23:54 [編集] ID:-
  8. 死霊術師って、中身はともかくあらすじにビックリするほど意味が無いな
    それっぽいこと書いててその実ストーリーに欠片もかすらないってどういう事だよw


  9. 名前: :2017/07/17(月) 13:14:25 [編集] ID:-
  10. ※4
    あらすじの内容って本文読むとどう見てもメインストーリー直結じゃないですか。


  11. 名前: :2017/07/17(月) 13:42:01 [編集] ID:-
  12. ※4※5
    どっちなんだよw


  13. 名前: :2017/07/17(月) 13:50:29 [編集] ID:-
  14. 読めば分かる
    俺は直結だったと思うが


  15. 名前: :2017/07/17(月) 13:56:57 [編集] ID:-
  16. 死霊のあらすじはほとんどストーリーについては触れてないだろあれ……


  17. 名前: :2017/07/17(月) 19:29:35 [編集] ID:-
  18. 紹介のGW気分はいつになったら終わるのだろうか。


  19. 名前: :2017/07/18(火) 19:13:02 [編集] ID:-
  20. GWが終わったら次は秋頃に夏なのでが始まるぞ

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
異世界混浴物語 5 激動の海底温泉 (オーバーラップ文庫) 押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。 1 (オーバーラップ文庫) 神話伝説の英雄の異世界譚 8 (オーバーラップ文庫) ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 6 (オーバーラップ文庫) とんでもスキルで異世界放浪メシ 3 ビーフシチュー×未踏の迷宮 (オーバーラップノベルス) 異世界魔法は遅れてる! 1 (ガルドコミックス) パンデミックで俺は英雄になった2 (オルギスノベル) 朝起きたらダンジョンが出現していた日常について (レッドライジングブックス) 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった (レッドライジングブックス) 旧魔王VS.異世界魔王!  世界のすべては我輩のものだ! (レッドライジングブックス) パチモンアプリでハーレムを作ろう (レッドライジングブックス) 勇者だけど、魔王から世界を半分もらって裏切ることにした (レッドライジングブックス) 甘く優しい世界で生きるには  8 (MFブックス) 黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 5 (MFブックス) 盾の勇者の成り上がり 18 (MFブックス) マギクラフト・マイスター 12 (MFブックス) 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 15 (MFブックス) 八男って、それはないでしょう! 4 (MFC)