スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

TSUTAYA×リンダパブリッシャーズ主催 小説家になろうとのタイアップ企画 『第1回WEB投稿小説大賞』 Aコース選考結果発表!





去年の10月に開催された『第1回WEB投稿小説大賞』のAコース選考結果が発表されたそうです。
http://www.redrisingbooks.net/taishou20170330から結果を引用したいと思います。

大賞(賞金15万円 書籍化)

魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません  作者:悪一

 人類軍との飽くなき戦争を続ける魔王軍は危機に瀕していた。

 空を駆ける鉄の竜、大地を支配する鉄の馬、地平線の彼方から放たれる鋼鉄の雨。これらの機械兵器を操る人類軍を前にして、魔王軍は一発逆転を狙って異世界から救世主を召喚しようと試みる。
 これで魔王軍は救われ――

「あの、事務しかできないんですけど」
「待って」

 ――ると思ったけどそんなことはなかったぜ。

 現代日本にてごく普通に暮らしていた俺こと秋津アキラは突如としてトラックに撥ねられフライハイ、そのまま異世界に飛ばされ「魔王軍を救ってくれ」といきなり無理難題を突き付けられる。事務しかできない俺がそんなことできるわけないだろ! という叫びは「勿体ないから」という理不尽な理由で魔王軍の事務屋におさまる。
 なんか帰れなさそうだから軍隊らしく兵站(へいたん)業務でもするかな! と思ったのだが……。

「……兵站ってなんだ?」
「はい?」

 これは、前近代的な軍隊でしかなかった魔王軍が、紙とペンとインクを駆使していかにして変わっていたかを追う物語――

「とりあえずこれにサインを――」
「文字書けないです」
「えー……」

 ――だったらいいなぁ。


 第一回ツタヤ×リンダパブリッシャーWEB小説賞A部門 大賞受賞しました。


小説家になろう


受賞(賞金10万円 書籍化)

【異世界転生戦記】~チートなスキルをもらい生きて行く~  作者:黒羽

 25歳。趣味はゲーム。年齢=彼女いない歴で。ごく普通のサラリーマンだ。
 そんな俺はある日の夕方、トラックにはねられ命を落とす。

 そして気づいたら。異世界に転生していてしかも色々とチートな能力までついてきちゃった!?

 どう考えてもおかしすぎる俺の誕生。だが、もう一度生まれてきたならば、今度は最後まで生き抜いてやる!!

 そんな俺に待っていたのは俺を転生させた創世神『セラ』だった。そして、俺はセラからこんなお願いをされる。

『私があなたをこの世界に呼んだ理由はひとつ。この世界の種族別の対立を解消……そこまではできないかもしれませんが、解消への足掛かりをしてほしいのです』

 俺はその願いを承諾した。こうして、俺の2度目の人生が幕を開けたのだった。


小説家になろう


VRMMOでサモナー始めました  作者:テトメト

世界初のVRMMO用のアクションゲームFWO(ファンタジー・ワールド・オンライン)
そのFWOで地雷職と言われているサモナーを選択した主人公がもふもふな召喚モンスターやかわいい装備を集めて戯れてニマニマするお話。
本人的には特に最強を目指したり積極的に攻略に取り掛かる気はあんまり無いが、かわいいモンスターや服の材料を求めて奔走したり、うっかりボスに挑んだり、状況に流される内に気付いたらFWO内でもトップランカーになってしまう。・・・召喚モンスターが。


小説家になろう


この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。  作者:市村鉄之助

男爵家の長男だが家督を継ぐことができないジャレッド・マーフィー(十六歳)に婚約者が決まった。相手は公爵家の令嬢オリヴィエ・アルウェイ(二十六歳)。誰もが口をそろえて美女だと言うオリヴィエだが、悪い噂と性格と口の悪さで有名だった。しかも十歳も年上だ。
貴族社会とおさらばして冒険者を目指す予定だったジャレッドの小さな野望が終わりを告げると同時に、魔術師なら誰もが憧れる宮廷魔術師の道が開いていく。
派閥争い、魔術師と騎士の不仲、魔獣討伐、暗躍する組織との戦いを乗り越えながら、婚約者のオリヴィエの本当の姿を知り、近づいていく。
そして、同じ学園の生徒、騎士、魔術師、貴族令嬢のヒロインたちとも出会っていく。
学生魔術師が公爵家の令嬢の婚約者となり宮廷魔術師まで成り上がっていきます。


小説家になろう


入選(作品をブラッシュアップ後、書籍化)

ハルジオン~口だけ野郎一代記~  作者:曖昧

春風紫苑は己を愛している。否、己しか愛していない。
己を良く見せることにだけ全霊を注ぎ、全力で口車を回している。
その結果として僕っ娘メンヘラやメンヘラロリに目をつけられるのだが、口車は止らない。
これは自業自得の物語である――――そこには一切同情すべき点は無い。
膨れ上がる虚像、加速するメンヘラ。さあ、道化芝居を始めよう!



執筆の励みにもなりますので気に入ってくれたのならブクマ登録等してくれると嬉しいです。


2015年2月19日、第一部完結。
2015年8月9日、本編完結。
2016年6月16日、リメイク版開始『http://ncode.syosetu.com/n1225dj/』


小説家になろう


邪竜を倒した剣聖ですが目覚めたら魔法使いとかいうモヤシ共がのさばっていました。  作者:戸津 秋太

三百年前に自らを犠牲に邪竜を倒した《剣聖》ユリエル=ランバート。彼が永き眠りから覚めると、そこにはかつての世にはなかったもの――魔法が広まり、魔法使いと呼ばれる者がのさばっていた。
ユリエルは魔法を学ぶべく、旧知の友が運営している魔法学園に入学する。しかし、彼には魔力がなく、学園内において落ちこぼれとして扱われ――ないように、ユリエルは持ち前の身体能力で誤魔化しながら学園ライフを送る――。


小説家になろう



結果を見てみると物議をかました作者さんや個人的に大好きな作品などありますね!
総合評価的に見ると大体20,000P~30,000Pぐらいの作品が選ばれた感じかな?

個人的にはハルジオンが大好きなので書籍化が嬉しいのですが、レーベル的にちょっと心配だったりします。
ただAコース(もし私の作品が映像化されるのであれば「アニメ」がいいな)なので、
売れ行きによっては今回の受賞作品からアニメ化作品が出るかもしれませんね!

そして本日に『第1回WEB投稿小説大賞』のBコース(もし私の作品が映像化されるのであれば「実写」がいいな)を
予定通り締め切ったそうです。受賞作発表は2017年07月30日13時に予定しているそうです。


また更に『第2回WEB投稿小説大賞』を開催するそうです!
今回も
Aコース[もし私の作品が映像化されるのであれば「アニメ」がいいな]
Bコース[もし私の作品が映像化されるのであれば「実写」がいいな]

で分かれており、Aコースの締め切りは2017年6月30日。Bコースの締め切りは2017年9月29日だそうです。
賞金や受賞結果は前回の第1回とたぶん同じだと思います。

というか、前回のコンテストの説明で
①1年に4回応募チャンス!
※3か月に1度、Aコース、Bコースどちらかの締め切りがあります。

という説明があったのですが、つまりは第2回というより今回開催されるのが第1回後期といった感じみたいです。

書籍化のこのチャンスに挑戦してみたい方は公式サイトの応募要項やよくある質問などを熟読した上で
挑戦してみるのもいいかもしれませんね!


最後になりますが、受賞&書籍化おめでとうございます!




関連記事

ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
[ 2017/03/30 17:00 ] 雑記 出版社関連 | TB(0) | CM(25)

  1. 名前: :2017/03/30(木) 17:22:16 [編集] ID:-
  2. とりあえず大賞は読んでみるか


  3. 名前: :2017/03/30(木) 18:45:58 [編集] ID:-
  4. ポイント上位を上からザクっと拾った感じか
    まあポイント=読者人気投票と考えれば妥当なところなのかね
    なんとなくぱっとしないラインナップなところにレーベル力の悲しさを感じる
    応募作チラッと見たら妙に古い作品率が高い気がした
    賞をやるより青田刈りした方が良かったかもね


  5. 名前: :2017/03/30(木) 19:22:09 [編集] ID:-
  6. もうトラックは許してやろうや


  7. 名前: :2017/03/31(金) 00:08:20 [編集] ID:-
  8. ※3
    いうても死因は自動車関連は現在でもトップクラスだからなぁ
    多過ぎて滅多にニュースにならなくなった死因事故でもあるし
    日本で自らの過失ではなく理不尽でいて当たりやすい死に方は自動車事故くらいしかないしな
    外国だったら発砲事故とか殺人代行等で金稼ぎ程度に殺されるとかあっただろけど
    外国人の主人公で書けや言われても帰国子女でも難しいしね
    外国人の勘違い日本人の逆パターンになるのは誰の目でも明らかだし


  9. 名前: :2017/03/31(金) 00:39:34 [編集] ID:-
  10. 最近マンネリ化した自動車事故被りを避けようと色々な死因あるけど
    車以外でマトモな死因ってあったけ?
    バナナの皮で滑って打ち所悪くて死んだとか(こんな死因で書籍化もしてる本当)
    植木鉢等落下物がピンポイントで落ちてくる(こんな死因でも(ry )
    ガラの悪い人挑発して殴り殺されたとか、会社の上司に挑発されて馬鹿やって窒息死とか
    食べ過ぎて死亡、中学レベルの英会話も覚えずガラの悪い外国人に近づいて殺害される
    コンビニ強盗、ひったくり、通り魔に刃物で致命傷、今の日本で武装テロ
    ヤクザで抗争に巻き込まれて死亡、ヤクザを騙して殺される
    引きこもって死んだら異世界転生でラッキーボーイだぜ()
    自殺したら異世界でラッキー(ry
    男らしい所見せようと調子乗って過失で死亡したけど異世界で(ry
    ・・・車以外そんなないかと思ったら案外多いな;


  11. 名前: :2017/03/31(金) 00:54:14 [編集] ID:-
  12. ※3
    トラックの運ちゃんの仕事してる人いるけどブラックすぎて人引いちゃうのも致し方ないなと思った(いや良くないけど)
    荷物の仕分けする会社が上司と揉めて荷造りが遅れて、なんとか間に合ったけど少し遅れただけで遅れたからあんたのトコと関係切ると取引先の会社に脅されタダにされて利益なし、運送会社からも責任追及されて・・・
    運ちゃんが人殺してるというより会社が人殺してるよコレ


  13. 名前: :2017/03/31(金) 01:09:48 [編集] ID:-
  14. 轢く


  15. 名前: :2017/03/31(金) 01:57:10 [編集] ID:-
  16. トラックに轢かれる導入はあんま好きになれんなぁ
    その死に方である必要性が無いのに他人の人生の破滅が確定してるって考えると創作物でもあんま気分良くないね
    展開としては順序が逆だけど主人公の転生の為に生贄にされたように思えちゃうし
    ブラバする程ではないけどモヤっとする


  17. 名前: :2017/03/31(金) 02:04:14 [編集] ID:-
  18. ×物議をかました
    ○物議をかもした



  19. 名前: :2017/03/31(金) 07:33:07 [編集] ID:-
  20. どうせ死因とか神様とか後々の展開に必要ないなら、
    「気づいたら異世界にいた。神様とやらに会った記憶もないが、
     なぜかやらなければいけない事と新に得た力がわかる…」
    みたいなノリでいーじゃんw


  21. 名前: :2017/03/31(金) 08:12:17 [編集] ID:-
  22. 確かに、糞寒い土下座神を出されるくらいなら、気づいたら異世界にいましたの方がマシだよなぁ。


  23. 名前: :2017/03/31(金) 09:27:54 [編集] ID:SFo5/nok
  24. 能力(チート)をくっ付ける理由付けなだけだよな>土下座神


  25. 名前: :2017/03/31(金) 12:04:26 [編集] ID:-
  26. ※10
    殺しといた方が後々楽だからね、理由のない転移はミステリーになっちゃうし死んでもらった方が元の世界に帰るという選択肢と葛藤をカットできるからね
    「あの時私は死んだのだから元いた世界に行けても・・・」ってな具合に
    若返りの理由にもなるし、少年誌特有の主人公旅に出たばかりの世間知らずの子供のはずなのに物知りな上に精神が卓越し過ぎてておかしい・主人公が子供過ぎてさっさと精神的に成長してほしい・巻数が進んでたら主人公がいきなり(精神的に)大人になってた等の理由付けや展開も省けるし、主人公が転生した世界を知ろうとする名目で世界観の説明ができる万能ツールだからねぇ(前の世界で殺しとく)全く知らない世界を読者に説明しなきゃいけないけど一話から説明だらけにするわけにもいかない後回しにすれば読者は置いてけぼりにされる、でも転生者なら読者と一緒で訳のわからない世界に放り出されそれを知ろうと読者と同じ目線で自然な展開かつ早い段階で異世界の説明ができると都合の良いことづくめだからね、最近はマンネリ化してなんとか被りを避けようとする作者もいるけど今だに殺害転生が多いのは仕方ないかな〜なんて


  27. 名前: :2017/03/31(金) 12:19:43 [編集] ID:-
  28. 長いよw


  29. 名前: :2017/03/31(金) 12:20:54 [編集] ID:-
  30. 大賞の転移理由酷いな、両親に先立たれた天涯孤独の事務職の青年が転移陣で召喚されたでいいじゃん
    トラックで跳る必要ないだろ;
    「お前向こうの世界で死んでる事になってるから戻ったら大変な事になるよ」
    「死んでしまったのなら戻れないな」
    って事にしたいんだろうけどトラックの運転手生贄すぎる;
    ついでにトラックの運転手も転移させてあげろよ;
    トラックの運転手になんか恨みでもあるのか作者は


  31. 名前: :2017/03/31(金) 12:31:26 [編集] ID:-
  32. 戻る理由を潰すならコピー体とかでもいんだよね。
    コピーされた側は本体から分離されて行くのを認識していたけど、
    本体は何事もなく過ごして行くなどといった感じで。
    (違和感を感じる描写くらいはあってもいいかも)

    チートパワーを授けるにしても、元の体を改造するより
    それに適した体を作った方が楽なんじゃないかと。


  33. 名前: :2017/03/31(金) 13:32:43 [編集] ID:-
  34. コピー体にするにしても選ばれたからには其れ相応の理由が必要になるからね
    コピー体で展開してた小説はアルファポリスとかで確かにあるけどあまり広まってないあたり
    やっぱり難しいんじゃないかな?


  35. 名前: :2017/03/31(金) 13:35:26 [編集] ID:-
  36. 転生でその世界基準の肉体手に入れちゃうのも割と楽な方法な気がする


  37. 名前: :2017/03/31(金) 13:51:32 [編集] ID:-
  38. この度公爵家の~、この作品の会話文は酷いな
    まるでこちら側を見ながら話してるような説明口調には笑ってしまう


  39. 名前: :2017/03/31(金) 14:07:39 [編集] ID:-
  40. 転生トラックの運ちゃんが復讐する「勇者死すべし」が生まれてるぐらい酷使されてるな設定だなw


  41. 名前: :2017/03/31(金) 14:21:43 [編集] ID:-
  42. 勇者死すべしも復讐まではよかったけど、結局勇者なんかと同じく
    都合良く使われる存在になっちまったからなぁ
    自分の意思が無い点で勇者よりたちが悪いんじゃないかと…


  43. 名前: :2017/03/31(金) 16:46:16 [編集] ID:-
  44. ハルジオン書籍化かぁ
    冗長さが難点ながら面白い作品だったからいずれは誰かの目に留まるだろうと思ってたが


  45. 名前: :2017/04/01(土) 13:09:54 [編集] ID:-
  46. 大賞読んでみた。最初から書籍化することを狙って文字数やら話の盛り上げ方をきちんと意識している作品だったわ。商業的な考えをせず好きなように書く小説が多いなろうでは珍しい


  47. 名前: :2017/04/06(木) 23:15:19 [編集] ID:-
  48. 公爵家の令嬢はセリフがひどすぎ。
    作者はなに考えてんだ?


  49. 名前: :2017/04/06(木) 23:55:22 [編集] ID:-
  50. 公爵家の令嬢はライブ感だけで書かれてるから。終盤のブリーチみたいなもん。
    ノリが全般的に寒いし、設定とキャラの行動の矛盾が凄い。
    あと、なんで全員フルネームで呼び合うんだろうね。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
俺の『鑑定』スキルがチートすぎて ~伝説の勇者を読み“盗り”最強へ~ (Kラノベブックス) 老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます (Kラノベブックス) オッサン(36)がアイドルになる話 (PASH! ブックス) 最強魔法使いの弟子(予定)は諦めが悪いです (PASH!ブックス) 俺の部屋ごと異世界へ! ネットとAmozonの力で無双する(2) (モンスター文庫) 規格外れの英雄に育てられた、常識外れの魔法剣士(2) (モンスター文庫) 転職の神殿を開きました(4) (モンスター文庫) 魔王軍最強の魔術師は人間だった(3) (モンスター文庫) 魔王様、リトライ! (モンスター文庫) お菓子職人の成り上がり 天才パティシエの領地経営(3) (Mノベルス) 老いた剣聖は若返り、そして騎士養成学校の教官となる 1 (GCノベルズ) 聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~ 3 (GCノベルズ) 転生したら剣でした 3 (GCノベルズ) 村人ですが何か? 3 (GCノベルズ) 村人ですが何か? 1 異世界ですが魔物栽培しています。2 (ファミ通文庫) 幼女戦記 8 In omnia paratus 異世界食堂 4 (ヒーロー文庫) 異世界チート魔術師 6 (ヒーロー文庫)