スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

 

小説家になろう:『最下位職から最強まで成り上がる~地道な努力はチートでした~』 ガガガブックスから書籍化決定!


最下位職から最強まで成り上がる~地道な努力はチートでした~  作者:上谷圭

凡人がコツコツと努力を重ねて世界最強へ。

辺境の村で幼なじみだったルークとリリ。
2人はスキルと天職を天啓される『祝福の儀』を受けたが、最高位の職業をもらったリリに比べ、ルークは最下位職だった。
ルークは王国上層部に疎まれ、国外に追放される。
才能も天職も神スキルもないルークは、冒険者をしながらしょうがなくコツコツと努力を重ねていくが、ルークのそれはとんでもない成長速度だった。

周りを一瞬でぶち抜いていく成長チート。やがて主人公最強です。


小説家になろう




ガガガブックスとあまり聞き慣れないレーベルですが、『ガガガ文庫』の小学館が創刊する四六判の新レーベルだそうです。
ただ詳細な情報はまだないようなので、近日中に公式サイトなどが出来るのかなと思います。

あとガガガ系列での書籍化はたぶん初だなぁと考えてみたらArcadia発の人形遣いがありました。

発売予定日は再来月の5月18日(創刊タイトル)で、イラスト担当は桑島黎音さんだそうです。
なろう的には29歳独身カネの力などのイラストを担当された方ですね!

書籍化おめでとうございます!


【私信】
情報提供ありがとうございました!




関連記事

ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
[ 2017/03/17 02:30 ] 雑記 ニュース | TB(0) | CM(75)

  1. 名前: :2017/03/17(金) 04:57:04 [編集] ID:-
  2. これは例の魔物5000を300人で倒すやつ?


  3. 名前: :2017/03/17(金) 04:59:07 [編集] ID:-
  4. 地道な努力はチート
    これもうわかんねぇな


  5. 名前: :2017/03/17(金) 05:51:07 [編集] ID:-
  6. 包囲殲滅陣やんけ


  7. 名前: :2017/03/17(金) 06:52:11 [編集] ID:-
  8. 包囲殲滅陣 キタ━(゚∀゚) ━!
    なんとなく修正されないまま世に出てしまう気がするんだが


  9. 名前: :2017/03/17(金) 06:54:43 [編集] ID:-
  10. 地道な努力がチートって意味わからん。
    もうチートって言葉使うのやめろよ。


  11. 名前: :2017/03/17(金) 06:57:10 [編集] ID:-
  12. なんで努力が反則行為扱いされてんの?
    頑張るのがズルいとかわけわからん


  13. 名前: :2017/03/17(金) 07:02:55 [編集] ID:-
  14. もしかして、ネタされてる作品?


  15. 名前: :2017/03/17(金) 08:48:55 [編集] ID:-
  16. 中学生が書いたのかな?って感じだった


  17. 名前: :2017/03/17(金) 08:50:07 [編集] ID:-
  18. ※7 なんのことに関してもネタにされている作品。まさか本当に書籍化するとは思わなかった。

    前に違うアカウントでも書いていた噂があるんだけど、
    その作品では、森林を伐採して売却するのがすげえってネタがされてた。
    この作品でも、今後異世界人がどこまでアホになるのだろうか……。


  19. 名前: :2017/03/17(金) 08:51:27 [編集] ID:-
  20. これが転生物で、現代人の感覚からしてチート云々なら
    まだわからんでもないが、現地人物なんだよな…


  21. 名前: :2017/03/17(金) 09:20:33 [編集] ID:-
  22. 彼の包囲殲滅陣が商業作品として世に出る時代か……


  23. 名前: :2017/03/17(金) 09:35:53 [編集] ID:-
  24. きっと包囲殲滅陣って、作者が読者からフルボッコにされる事を示唆しているんだよ


  25. 名前: :2017/03/17(金) 09:41:14 [編集] ID:-
  26. 包囲殲滅陣でググったら草生えた


  27. 名前: :2017/03/17(金) 10:03:51 [編集] ID:-
  28. IS、とか劣等生とかラノベ読んでる奴はバカだと示す証拠に、また一つ強烈なのが加わったね。


  29. 名前: :2017/03/17(金) 10:35:19 [編集] ID:-
  30. 包囲殲滅陣の糞が書籍化とかガガガ文庫は血迷ったか


  31. 名前: :2017/03/17(金) 10:50:55 [編集] ID:-
  32. でもネタに買う奴いそうじゃんw


  33. 名前: :2017/03/17(金) 10:54:21 [編集] ID:-
  34. この作品が書籍化とはとんスキ以上の衝撃だわ


  35. 名前: :2017/03/17(金) 11:28:14 [編集] ID:-
  36. ※9
    森林伐採して売却するのがすげえだけじゃない
    そのとき「木こり」の皆さんよろしくって声かけるシーンがあるんだよ
    なんで木こりって職業があるんだよって話

    ワンランク上の人が考えられることは常人には理解できんよ


  37. 名前: :2017/03/17(金) 11:33:23 [編集] ID:-
  38. ついに包囲殲滅陣が世の中に出るのか・・・
    これ感想欄の方が面白いから一度見てみることをお勧めしてみる


  39. 名前: :2017/03/17(金) 11:37:07 [編集] ID:-
  40. 読書好きによるワンランク上の内政チート! 作者:水雲空乃

    「森を切り倒して、小麦や大豆の栽培ができるようになるのか?」
    隣を歩くアルベルト王子がリョウスケに尋ねる。
    「できますよ。まったく開拓されていない森林などは、自然の腐葉土が積み重なり、土壌が豊かになっているんです」
    「ふむ……知らなかったな」
    「さらに伐採した樹木は建築用材や薪炭になるため、これを諸外国と交易することによってお金が稼げます」
    「夢のような話じゃないか」
    「そもそも、何故いままでサヴォーニャ王国が森林を伐採してなかったのかが不思議なくらいです」
    「うちは諸外国とくらべて、農業の発展が遅れているからな……」
    まぁ古代の時代というのはそういうものなのかもしれない。

    「分かった。おい、木こりの衆! ここらの木を伐採してくれ!」
    「「「はい!」」」
    アルベルトが木こりたちに指示を飛ばす。
    「切り倒した木は使うらしいからな。丁重に扱えよ!」
    「「「了解であります、殿下!」」」
    アルベルト王子はなかなか臣民に信頼されているようだ。
    そうして木こりたちは青銅の斧や風の魔法・ウィンドカッターなんかを使って森林を伐採し始めた。

    こんな感じ


  41. 名前: :2017/03/17(金) 11:48:27 [編集] ID:-
  42. なるほど、彼岸島に通じる面白さはある。


  43. 名前: :2017/03/17(金) 11:50:35 [編集] ID:-
  44. ※20
    凄いな
    普通に開拓って、森を切り開くんだが、太古から焼き畑だってあるし……
    今まで木を伐採してなかったら、建築用資材とか、木炭はどこから……?


  45. 名前: :2017/03/17(金) 12:03:04 [編集] ID:-
  46. ※22
    そこはあまり重要じゃない
    ネタにされているのは森林伐採したこと無いのに何故木こりがいるのかってとこ


  47. 名前: :2017/03/17(金) 12:32:16 [編集] ID:-
  48. 書籍版は5万vs3百になるとか?


  49. 名前: :2017/03/17(金) 12:37:50 [編集] ID:-
  50. さすおにといっしょだろ。
    皆がいじり倒せばきっとシリアスなギャグとして受け入れられるよ。


  51. 名前: :2017/03/17(金) 12:50:07 [編集] ID:-
  52. ※25
    この作者は耐えきれなさそう。


  53. 名前: :2017/03/17(金) 12:54:24 [編集] ID:-
  54. ちゃんと読める文章でタワゴトが書いてあるのが天才たるゆえんだわ。
    おまえ真似してみろって云われても無理だぞ


  55. 名前: :2017/03/17(金) 13:16:28 [編集] ID:-
  56. コレ、初速だけ狙って書籍化するつもりかなw


  57. 名前: :2017/03/17(金) 14:07:34 [編集] ID:-
  58. 割烹見てきたけど「なにとぞ読者の皆様の応援を賜わりたく思います。」とか言いつつ、感想もコメントも受け付けてないのが凄いな
    黙って金だけ出せ、ってことかな?


  59. 名前: :2017/03/17(金) 14:17:23 [編集] ID:-
  60. うそだろ・・・ゆゆぽのアレを書籍化って!?
    日本 いや世界の文学史に残る偉大すぎるくそ作品だぞ・・・

    今年の頭だったか、ゆゆぽが意味深なつぶやきしてたが


  61. 名前: :2017/03/17(金) 14:36:17 [編集] ID:-
  62. ※23
    魔法使ってるやつもいるし、傭兵とかを木こりとして雇って、そいつらを木こりと呼称してるとかじゃないの?


  63. 名前: :2017/03/17(金) 14:43:25 [編集] ID:-
  64. ※31
    木を切る職業がないのに「木こり」という単語が出てくるのがおかしいって言ってるのw
    「分かった。おい、傭兵の皆! ここらの木を伐採してくれ!」
    とかだったら別におかしくはない


  65. 名前: :2017/03/17(金) 14:50:10 [編集] ID:-
  66. どんなにネタにしても、書籍化されてしまうんだから
    俺たちは包囲殲滅陣に負けたんだよ……


  67. 名前: :2017/03/17(金) 15:24:38 [編集] ID:-
  68. とんスキもこんな流れだったな
    つまりコメント欄敗北ルートに入ってしまった……


  69. 名前: :2017/03/17(金) 15:27:35 [編集] ID:-
  70. ※29
    あちこちのまとめサイトで散々ぶっ叩かれてオモチャにされ
    そのおかげでポイントがたまって無能編集が書籍化したからまあ当然の対応じゃね
    受け付けたら絶対炎上するだろwこの書籍化報告も早速まとめられて叩かれてオモチャにされてるのにw


  71. 名前: :2017/03/17(金) 15:52:20 [編集] ID:-
  72. 圧倒的戦力差からの包囲殲滅陣はほんと草


  73. 名前: :2017/03/17(金) 15:57:19 [編集] ID:-
  74. あんまりバカにしてると、おまえら作者に包囲殲滅されんぞ


  75. 名前: :2017/03/17(金) 16:04:33 [編集] ID:-
  76. 普通10倍以上の敵囲めないと思うんだけど…
    仮に囲めたとしても殲滅は笑える


  77. 名前: :2017/03/17(金) 16:18:20 [編集] ID:-
  78. ※31みたいな純朴な人が買ってくれるよ。


  79. 名前: :2017/03/17(金) 16:18:58 [編集] ID:-
  80. タイトルから中身まで全部テンプレ
    だったらお前が書けよと言われてもここまで人様のモノを平気でコピーできる神経は一般人には逆に難しいだろ
    なろうのなずな先生とか人としても作家としても軽蔑してるけどあの神経は凄いなっていつも思ってますまる


  81. 名前: :2017/03/17(金) 16:36:25 [編集] ID:-
  82. この記事のタイトル見て普通に声出して驚いてしまった


  83. 名前: :2017/03/17(金) 17:07:29 [編集] ID:-
  84. どういった作品?


  85. 名前: :2017/03/17(金) 17:11:52 [編集] ID:-
  86. あらすじから作者の頭の中身が…
    こつこつチートってさぁ
    本屋でなろうの書籍が並んでるタイトルだけ見たら
    本当にうわぁ…ってなるよ

    タイトルから楽して強くなる系か俺元々強いから系が多い多い


  87. 名前: :2017/03/17(金) 17:22:10 [編集] ID:-
  88. ここのコメント欄見てたら逆に興味が湧いてきた。イラスト次第で買うかもしれない。


  89. 名前: :2017/03/17(金) 17:30:46 [編集] ID:-
  90. 44
    お金が有り余ってて羨ましい限り


  91. 名前: :2017/03/17(金) 17:49:07 [編集] ID:-
  92. とりあえずコメントや感想等を見て思ったこと
    絵と(悪い意味での)話題性で1巻はそこそこ売れるだろうな


  93. 名前: :2017/03/17(金) 17:56:45 [編集] ID:-
  94. 超絶に頭の悪い作者が神がかった頭の悪いキャラクターを動かし、正気を疑う内容の、なろうの悪い所を最大限取り入れた最悪最低の作品

    しかし、その作品に俺たちは負けたのだ・・・


  95. 名前: :2017/03/17(金) 18:05:52 [編集] ID:-
  96. 独自路線を貫いてたガガガがついになろうに手を出したか


  97. 名前: :2017/03/17(金) 18:07:58 [編集] ID:-
  98. 完全に馬鹿の書いてる作品だけど
    読んでるほうも馬鹿だから問題なかったパターン
    絵師も良いのがつくしワンチャンあるで


  99. 名前: :2017/03/17(金) 18:46:27 [編集] ID:-
  100. ガガガが勝手に時限爆弾を懐にしまって自滅しようとしてるだけで負けたも糞もないだろw


  101. 名前: :2017/03/17(金) 19:15:12 [編集] ID:-
  102. 『地道な努力がチート』という矛盾で注目を浴び
    『包囲殲滅陣』でまとめサイト各所にさらし上げられるまでになり、その地位を確固たるものにした作品


  103. 名前: :2017/03/17(金) 21:03:44 [編集] ID:-
  104. ※20
    ここだけなら読みようによってはアルベルトさんが気を使って知らないふりしてあげてたとも読めるなw。

    転職してきたばかりのアルベルトさんが先輩社員に顔を立てるという構図。
    最後フォローミスってるけど。


  105. 名前: :2017/03/17(金) 23:01:34 [編集] ID:-
  106. 壮大な社会実験なんだろ?
    そうじゃなければ創業100年近い
    三大出版社の内の一つから
    こんなもんが小説として出ないよな?


  107. 名前: :2017/03/17(金) 23:12:52 [編集] ID:-
  108. エイプリルフールのネタを仕込んでたら担当が先走りやがった!?
    引くに引けない・・・とか


  109. 名前: :2017/03/17(金) 23:16:30 [編集] ID:JalddpaA
  110. 60話でもう書籍化か
    すごいね
    おめでとうございます


  111. 名前: :2017/03/18(土) 02:21:32 [編集] ID:-
  112. 何だかんだで、ネタ枠としてならありかも?
    微妙に売れそうな感じがする。


  113. 名前: :2017/03/18(土) 03:43:41 [編集] ID:-
  114. 宣伝しなくても、まとめサイトで既に知名度あるし、それで騙されて買う鴨が一定以上いれば成功やろ。
    内容がどうとか、これからの展開とか、完結に向けてのサポートとか一切なさそう。


  115. 名前: :2017/03/18(土) 05:45:20 [編集] ID:-
  116. > 書籍版では何回も書き直して、新イベント、新展開、新キャラなど、新しい要素盛りだくさんです。

    誰が書き直したんですかねー


  117. 名前: :2017/03/18(土) 10:07:48 [編集] ID:-
  118. 四六判の新レーベル、って小学館お前もか
    逸般人が逸般人向けに書いた文章を書籍化する商売は焼畑農業を思わせて不安しか無いのだが
    「参入遅れた所は諦めろ」という法律も無いから「するしないは各社の判断」なのは分かる
    ただこういうラノベレーベル持ってる後発組に関しては「母体の文庫ヤバイの?」と勘ぐってしまう


  119. 名前: :2017/03/18(土) 10:37:49 [編集] ID:-
  120. 最近は騎士団長ナントカのベストセラーは除く、普通の小説が売れて無いんじゃないかな
    売れるのはラノベだけで……
    でも、メジャーの売れ筋は粗方狩り尽くしちゃってるから


  121. 名前: :2017/03/18(土) 11:47:27 [編集] ID:-
  122. これって実は新レーベル創刊の宣伝目的だったりして・・・
    これだけネットで話題になってればガガガブックス創刊の宣伝にもなるだろう


  123. 名前: :2017/03/18(土) 13:52:32 [編集] ID:-
  124. ゴーストライターでも雇わない限り大コケが確約された作品を宣伝目的に書籍化って
    リスキーすぎませんかねえ


  125. 名前: :2017/03/18(土) 14:06:27 [編集] ID:-
  126. 担当編集が有能で、包囲殲滅陣が面白くなる可能性もあるかもしれない。
    それならガガガを見直すわw
    このまま糞だったら、新レーベルの評価も最低になるな


  127. 名前: :2017/03/18(土) 15:44:17 [編集] ID:-
  128. ※63
    そう思って手を伸ばしたら編集の思い通りなんじゃね?


  129. 名前: :2017/03/18(土) 15:46:59 [編集] ID:-
  130. 炎上商法、悪名は無名に勝るなど言うじゃないか
    商売の基本はまず「知って貰う事」みたいだし


  131. 名前: :2017/03/18(土) 16:02:49 [編集] ID:-
  132. ネタ枠でも書籍化されるなんて凄いじゃないか。
    ネタで有名でも、例えば、ゾッ帝は間違ってもないだろうし


  133. 名前: :2017/03/19(日) 03:53:47 [編集] ID:-
  134. ネタにされる様な事書けば書籍化が近づくと言う事か
    問題は狙って書くとすぐバレる事だな
    なろう向けの才能が欲しい


  135. 名前: :2017/03/19(日) 05:07:31 [編集] ID:-
  136. 包囲殲滅陣 ( ほういせんめつじん ) の完成であった。
    時代を越える才能が、ここに誕生した。

    ただでさえツッコミ所満載なのに、ナレーションで全力で上げていくのほんとすこ。
    このセンスを保ちつつ、書き続けて欲しい。


  137. 名前: :2017/03/19(日) 11:22:00 [編集] ID:-
  138. 包囲殲滅陣ばかりコメントされてるけど接敵まで5秒もこれだよな?


  139. 名前: :2017/03/19(日) 11:54:17 [編集] ID:-
  140. ロイさんはロイエンタールの生まれ変わりと云われてるからな。多少の無理はきくのだ


  141. 名前: :2017/03/19(日) 14:59:21 [編集] ID:-
  142. まあ、唐突なナレとか銀英伝リスペクトしてるのは分かるわ。
    ただ、中身が無く、登場人物のIQが3くらいしかないのに、壮大な物語にしようとするから滑ってる。
    なろうの中なら微笑ましかったけど、書籍にするなら編集の責任は重い。


  143. 名前: :2017/03/20(月) 00:41:38 [編集] ID:-
  144. 三勤務労働制の書籍化も期待できる流れだなw


  145. 名前: :2017/03/20(月) 02:18:47 [編集] ID:-
  146. 飛ばないペガサスナイト
    「敵接近! 5秒後に接触。敵戦力分析と指示をくれ!」
    後衛職なのに 戦況は、僕 → ミドルオーク・エルフ武士 ← ロイさん とわざわざ挟撃
    ダンジョンでは暗がりから撃てるだろうにお互いが視認できる5mまで撃ってこない正々堂々とした弓モブ
    とかまぁ色々ありすぎるからね


  147. 名前: :2017/03/20(月) 12:30:21 [編集] ID:-
  148. ゾッ帝って言う程なろう的に認知度高いわけじゃないからどう考えても無理だろ、失踪してるし
    まだマサツグ様のが可能性はある


  149. 名前: :2017/06/14(水) 21:24:48 [編集] ID:-
  150. 一応、なろうで読んでみた

    転生でも無いのに、田舎から出てきた少年が
    何故か軍師っぽくて笑えたw

    普通、無くなった父親の残した書物読んでたとか
    ある程度伏線あるもんだと思うけどね

    なろうは無料だから有難く読ませてもらうけど
    金払って読めとか言われても無理。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
現実主義勇者の王国再建記 5 (オーバーラップ文庫) 10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 5 自宅ごと異世界から転移する? (オーバーラップ文庫) 転生勇者の成り上がり 2 受け継ぐ遺志 (オーバーラップ文庫) ゴブリンサバイバー 3 (オーバーラップノベルス) スライム転生。大賢者が養女エルフに抱きしめられてます 1 (オーバーラップノベルス) 望まぬ不死の冒険者 1 (オーバーラップノベルス) 無能と呼ばれた俺、4つの力を得る 1 (オーバーラップノベルス) 悪いな勇者、このダンジョンは小人用なんだ 1 (オーバーラップノベルス) 異世界Cマート繁盛記 6 (ダッシュエックス文庫) すまん、資金ブーストよりチートなスキル持ってる奴おる? 4 (ダッシュエックス文庫) この素晴らしい世界に日常を! 2 (MFコミックス アライブシリーズ) 異世界を制御魔法で切り開け! 2 (アルファポリスCOMICS) 居酒屋ぼったくり 2 (アルファポリスCOMICS) 獣医さんのお仕事in異世界 2 (アルファポリスCOMICS) てのひら開拓村で異世界建国記2 ~増えてく嫁たちとのんびり無人島ライフ~ (MF文庫J)