スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

小説家になろう:『九十九の黎明 -測量少女と禁じられた知識-』 『黒の黄昏』

506 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/11/26(土)18:10:41 ID:5Ux

九十九の黎明 -測量少女と禁じられた知識- 
http://ncode.syosetu.com/n2761cz/
積読してるうちに完結したから読み始めたんだけど、一気に読んでしまった
こなれた文章で読みやすい、なろうにしては古典的なファンタジー
行方知れずの恩人を探して旅をする話
旅の道連れは恩人を咎人として追う二人組
女主人公ものでたぶん女性読者向けだろうけど主人公が恋愛に絡まない


九十九の黎明 -測量少女と禁じられた知識-  作者:GB

地図制作を請け負うウネンのもとに舞い込んだ領主からの依頼。仲の悪い隣領との境界を測量することになった彼女は、護衛を探すために訪れた酒場で一人の旅の剣士と出会う。
ウネンが過去に作った「鳥の眼を借りたかのように」精確な地図を手に、剣士は冷ややかにウネンを見下ろした。「その知識は、本来お前が持つべきものではない」と。
「知識は、ちからだ。そして、不必要に大きなちからは、それだけで災厄を引き寄せる」

――口下手で苦労性な剣士と、饒舌で胡散臭い魔術師と、ツッコミ体質の地図職人の少女の、魔術と世界の秘密を巡る冒険譚。[個人サイトにも掲載]


小説家になろう



黒の黄昏 
http://ncode.syosetu.com/n6720bn/
九十九の黎明を読んで作者読み
比べると驚くほど恋愛色が濃いし、ドロドロ粘っこい重い暗いしんどい
主人公以外の視点で語られるシーンが多いので、群像劇っていうのかなこれ
読みながら、九十九の黎明読みやすかったなあ、って思ってた
嫌いじゃないから並べて一応おすすめしとく


短編や中編は読んでない
伏線をきっちり張る作者だなあという印象
パズルのピースを散らかしながら集めて、組み立てていく感じがした
どちらもクライマックスに、ああ、最後のピースが今はまったな、って思った
長編の醍醐味のひとつ、ご馳走様でした


黒の黄昏  作者:GB

「魔術を教えてあげよう。君ならばきっと素晴らしい術師になる」――十年前の戦争で親を亡くした少年と少女は、若くして一線を退いた大魔術師に引き取られて、平和な生活を送っていた……はずだった。師匠と弟子二人に纏わる愛憎は、やがて帝国を根底から揺るがす危機を炙り出してゆく。近世風な世界が舞台の、剣と魔法の物語。本編完結。[個人サイト初出 2006/3/1]

小説家になろう



【自薦】小説家になろうおすすめ・スコップスレ【他薦】
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/bookall/1458182493/

関連記事


ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング

  1. 名前: :2017/02/07(火) 15:40:14 [編集] ID:-
  2. 測量で星図詠のリーナ思い出した


  3. 名前: :2017/02/07(火) 18:32:56 [編集] ID:-
  4. 九十九のほう、めっちゃファンアート
    それもハイクオリティーなやつ貰ってるな


  5. 名前: :2017/02/07(火) 21:37:02 [編集] ID:-
  6. ハイクオリティならいいけど、コメントに困るようなのを貰うと対応に苦慮するんだろうなあ


  7. 名前: :2017/02/07(火) 21:56:23 [編集] ID:-
  8. ※3
    「活動報告に挙げてくれないんですか?」みたいに何度もコメに残された時は恐怖に感じたなぁ
    メンヘラって二次元だけの存在じゃないんだね


  9. 名前: :2017/02/07(火) 22:09:38 [編集] ID:-
  10. ※4
    それは怖いw


  11. 名前: :2017/02/09(木) 11:27:09 [編集] ID:-
  12. 中学時代に書いた黒歴史ノート(イラスト付き)を思い出させる
    ファンアートを貰った事あるけど… あれは本当に扱いに困ったな。

    精神的ブラクラだった


  13. 名前: :2017/02/09(木) 14:28:58 [編集] ID:-
  14. 九十九の黎明読み終えたけど、俺これすごい好きだわ…
    なんか、すごい懐かしい感がある
    話の内容が古臭いというんじゃなくて、どう言えばいいのかわからんが
    中学や高校の頃に戻ったような気がした
    その頃に読んでた本に似たような話があったわけじゃないんだ
    文章の雰囲気が思い出させるのかな
    おっさんがいい年して何をひたってるんだかw
    自分でもキモすぎて、とても感想欄には書けないw

    伏線の回収、見事だった
    紹介ありがとう


  15. 名前: :2017/02/10(金) 06:37:46 [編集] ID:-
  16. ※6
    黒歴史ノートのようなファンアートwwww

    それは怖いww


  17. 名前: :2017/02/14(火) 10:28:36 [編集] ID:-
  18. ファンアートといえば、友人のイラストレーターが言ってたな
    ファンアートを贈りたくなる作者とそうでない作者について

    キャラの外見を小説本文とは別に簡潔にまとめておいてくれていると描きやすい
    過去のファンアートの記事見て、絵柄の好みや上手い下手で対応が露骨に変わってたら描きたくなくなる
    嬉しそうにファンアートを飾ってくれている人のは、自分も描こうかってなる
    でも、なろうの活動報告は過去記事探しにくいから、個人サイトとかブログに飾ってもらえる方がやる気が出る
    一つの記事にどばっと沢山の画像を貼りつけるだけだと、なんかトロフィー扱いっぽくて萎える。何かコメント欲しい
    既にファンアート貰ってるのに「ファンアートほしい」ってツイッターなんかで始終連呼してる人は
    今までのファンアートでは満足できなかったんだな、と少し冷ややかに見てしまうし
    もしも自分が既にファンアート贈ってたら、「自分のファンアートでは満足できなかったんだな」と思ってもう描かない
    ていうか、正直、作者側から「ファン」アート、って言われるの微妙
    まだ読んでない作者だと特に「お前、俺のファンになれ」って言われてるみたいで、ちょっと引く
    そもそも、作品が面白くなかったら、手間のかかるイラストなんて描こうとは思わない

    外では絶対に言えない本音、ということだった
    最後のが一番刺さるわー…

 

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する2 (ファミ通文庫) コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果4 (ファミ通文庫) 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2 (ファミ通文庫) 女神の勇者を倒すゲスな方法2 「返事がない、ただの聖女のようだ」 (ファミ通文庫) 我が偽りの名の下に集え、星々 (ファミ通文庫) アラフォー社畜のゴーレムマスター(1) (モンスター文庫) 俺の異世界姉妹が自重しない! (2) (モンスター文庫) 進化の実~知らないうちに勝ち組人生~(6) (モンスター文庫) ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(9) (モンスター文庫) 使徒戦記 ことなかれ貴族と薔薇姫の英雄伝(2) (Mノベルス) 信長の弟 織田信行として生きて候 1 (GCノベルズ) 魔王になったら領地が無人島だった 3 (GCノベルズ) 梔子のなみだ (PASH! ブックス) もう一つの物語~転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう~下 (PASH! ブックス) 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 5 (一迅社文庫アイリス) 地方騎士ハンスの受難 3 (アルファポリスCOMICS) ネタキャラ仮プレイのつもりが異世界召喚2 ~迷い人は女性の敵に認定されました~ (オルギスノベル) 陶都物語~赤き炎の中に~ 壱 (HJ NOVELS) 平手久秀の戦国日記 弐 (HJ NOVELS)