スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

小説家になろう:『フローレンベルクの魔女』 『ヒキコモリ死霊術師はモテてみたい』

126 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/26(月)21:16:39 ID:v64

【作品名】フローレンベルクの魔女 
【作者名】夜光鈴
【URL】http://ncode.syosetu.com/n0818dn/
【状態】完結済み
【紹介理由】現地主人公による正統派ハイファンタジー。
かつての英雄が世界の危機に再び立ち上がるという感じのストーリー。
文章はそこそこ綺麗に纏まってて読みやすくて、話のテンポも良い。主人公は荷物持ちで基本的に役に立たないけど、戦闘的じゃない強さがある少年。
主人公以外は全員強くて、バトルは一瞬の駆け引きが勝敗を分ける感じ。単行本一冊くらいの文量でサクッと読める。オススメです。


フローレンベルクの魔女  作者:夜光鈴

長きに渡り人類を苦しめていた魔王が封印されてから三十年。
とある魔法貴族の屋敷で働く使用人ソウジロウは、小さなメイドと気ままな母と共に平穏な日々を過ごしていた。そんなある日、屋敷に一通の手紙が届く。ソウジロウの義理の母にしてかつての英雄、マリアに宛てられたそれは、山を隔てたリーズベルク帝国の異変と魔王復活の予兆を知らせる召集令状であった。

マリアは嫌々ながらも再び世界を救うべくソウジロウと共に旅立つが、そこに魔王の復活を目論む魔族が立ち塞がる。果たして二人は、無事に魔王復活を阻止することが出来るのか。

気ままな英雄が今、再び立ち上がる。


小説家になろう


149 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/27(火)10:22:32 ID:Q30

------------

>>126
丁度良いボリュームで気楽に読めたし面白かった





148 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/27(火)01:07:18 ID:fvq

久々に現地主人公ものでこれはと思ったやつ

ヒキコモリ死霊術師はモテてみたい 
http://ncode.syosetu.com/n0340cw/

死霊術師の少年が死んだ妹を蘇らせるために女の子をナンパしようとする話
タイトルはあれだけときちんとファンタジーしてるし、出版経験ある作者らしく文章も読みやすい


ヒキコモリ死霊術師はモテてみたい  作者:藍澤李色

幼少期より暗い森の奥でヒキコモリ生活をしてきた死霊術師の少年、アーロイス。
しかし彼は妹の死をきっかけに、ついに森を出る決心をする。
最愛の妹を取り戻すべく、生贄に協力してくれる若い女の子を求めて、超絶世間知らず魔法使いのモテ期を目指す戦いが始まった。
現在第四部連載中。他所で新作準備中のため週1更新くらいにペースダウン中。


小説家になろう



【荒らし厳禁】小説家になろうおすすめ・雑談スレ 9冊目
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/bookall/1474473343/




関連記事

ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング

  1. 名前: :2016/12/07(水) 20:15:50 [編集] ID:-
  2. ヒキコモリの方はまだ1章しか読んでないけど、Tamer's Mythologyの1章と雰囲気が似てる感じ

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
奪う者 奪われる者VIII (ファミ通文庫) はぐれ魔導教士の無限英雄方程式2 世界から彼女が消える日 (ファミ通文庫) 暇人、魔王の姿で異世界へ 時々チートなぶらり旅5 (ファミ通文庫) 賢者の孫(4) (角川コミックス・エース) 異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする 5 (GCノベルズ) 田中~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 5 (GCノベルズ) 異世界召喚は二度目です(5) (モンスター文庫) ゲス勇者のダンジョンハーレム(1) (モンスター文庫) サキュバスに転生したのでミルクをしぼります(1) (モンスター文庫) 宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(7) (モンスター文庫) チート魔術で運命をねじ伏せる(5) (モンスター文庫) 村人転生 最強のスローライフ(6) (Mノベルス) 異世界混浴物語 5 激動の海底温泉 (オーバーラップ文庫) 押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。 1 (オーバーラップ文庫)