スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

小説家になろう:『復讐完遂者の人生二周目異世界譚』 GCノベルズから書籍化決定!


復讐完遂者の人生二周目異世界譚  作者:御鷹穂積

 黒野幸助(くろのこうすけ)は復讐者だった。
 陵辱の果てに凍死という非業の死を遂げた双子の妹。
 最愛の妹の仇を討つ為、当時十三歳だった幸助はありとあらゆる手を講じた。
 そして五年の時を掛けながら、復讐を果たしたのだ。
 だが復讐を果たした時、犯人を殺す為だけに生きてきた幸助はそれ以降を生きる気力をたもつことが出来なかった。
 だから犯人を殺したのと同じナイフで自分の首を掻き切ろうとする。
 しかし、そこで声が聞こえた。
『勿体無いのではないか?』
 気付いた時、そこは既に自分の居た場所、居た日本、居た世界ではなく。
 前世で不幸だった者が強力なステータス補正を受ける――異世界だった。
※5/15『書籍化企画進行中』※6/9『700万PV突破』


小説家になろう




遅くなってしまった書籍化記事①

発売予定日は今月の11月30日で、イラスト担当は野崎つばたさんという方だそうです。
なろう的には同レーベルの異世界のカード蒐集家のイラストを担当された方ですね!

書籍化おめでとうございます!



関連記事

ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング
[ 2016/11/03 15:00 ] 雑記 ニュース | TB(0) | CM(29)

  1. 名前: :2016/11/03(木) 15:29:55 [編集] ID:-
  2. あらすじ読んだ限りだと主人公は妹が死んだってだけで何も不幸じゃないよね?むしろ復讐果たせて幸せそう
    チートに理由付けたかったんだろうが間違ってる感が否めない


  3. 名前: :2016/11/03(木) 15:40:57 [編集] ID:-
  4. いや死んでるじゃん


  5. 名前: :2016/11/03(木) 16:03:55 [編集] ID:-
  6. 101話から、題名の最後に「ス(す)」ってのが無くなるけど、何かの伏線?w


  7. 名前: :2016/11/03(木) 16:46:16 [編集] ID:JXoSs/ZU
  8. 会話がぶつ切りだな
    5話しか読んでないけど読点の場所がスゴい気になる


  9. 名前: :2016/11/03(木) 17:45:50 [編集] ID:-
  10. >妹が死んだってだけで何も不幸じゃない
    コメント欄の闇は深い


  11. 名前: :2016/11/03(木) 18:03:49 [編集] ID:-
  12. 流産した子供が神になれそうな世界だね


  13. 名前: :2016/11/03(木) 18:14:36 [編集] ID:-
  14. この主人公より不幸な人なんて、世界にごまんといるだろ。


  15. 名前: :2016/11/03(木) 18:17:34 [編集] ID:-
  16. この程度でチートもらえるなら中東はチート転生者の宝庫だろうな


  17. 名前: :2016/11/03(木) 18:25:13 [編集] ID:-
  18. 神様に文句は言えないわ


  19. 名前: :2016/11/03(木) 18:31:34 [編集] ID:-
  20. これで主人公が、俺は超不幸だったから超凄い力が手に入ったぜ! と調子に乗ったら、上に書かれている様により不幸な人が沢山いてまったく大した力ではありませんでした、とかなるのかな?


  21. 名前: :2016/11/03(木) 18:38:40 [編集] ID:-
  22. 前世で何かしらの事件、事故によって死んだ人の方が強そうなだな


  23. 名前: :2016/11/03(木) 19:05:35 [編集] ID:-
  24. これ妹が転生すればもっとすごいことになるんじゃない?


  25. 名前: :2016/11/03(木) 19:12:06 [編集] ID:GE1Q478A
  26. 途中から妹出てくるよ


  27. 名前: :2016/11/03(木) 19:24:59 [編集] ID:-
  28. 不幸自慢で勝負するのか?


  29. 名前: :2016/11/03(木) 20:08:09 [編集] ID:-
  30. >>1
    頭おかしくない?


  31. 名前: :2016/11/03(木) 20:18:19 [編集] ID:-
  32. >>8
    宗教観的にそれはなさそうだが。
    本当はどうか知らんが、コーランにはジハドで死んだら酒池肉林の世界にいくみたいな記述あるんだろ。
    死=不幸って思ってなかったら不幸じゃないんじゃないの。
    酒池肉林かと思ったらチート転生でまた戦わされるほうが地獄やで、しかし。


  33. 名前: :2016/11/03(木) 22:38:54 [編集] ID:-
  34. チート転生量産地帯は中国の農村部かな
    毎日すごい数が送れそう


  35. 名前: :2016/11/03(木) 23:25:29 [編集] ID:-
  36. 毛沢東転生 文革で楽々領地経営!


  37. 名前: :2016/11/04(金) 00:36:43 [編集] ID:-
  38. 自分で選んでジハードジハード喜んでるキチガイならともかく、今の中東は女性を無理矢理に性奴隷にしたり、忠誠を示すために自分の親を殺させたりとか悪鬼の所業が横行してるからな
    あっちの情勢に比べたらそりゃ生ぬるいっちゃ生ぬるいが、そこ突っ込んだらなろう転生系のほとんどはあかんw


  39. 名前: :2016/11/04(金) 02:19:50 [編集] ID:-
  40. 是非とも感想で突っ込んでほしい
    世界の紛争地域だったらもっとエグいのあるだろうなぁ


  41. 名前: :2016/11/04(金) 03:10:46 [編集] ID:-
  42. 「だけど、元いた世界にも、そうじゃない異界にも、俺より不幸な奴なんて幾らでもいる」
    って主人公自身も言ってる分この作品は良い方じゃね?


  43. 名前: :2016/11/04(金) 08:28:23 [編集] ID:-
  44. 現代日本で13歳が復讐するという過程をリアルに書いたほうが余程面白いと思うんだが、書けないんだろうなあ


  45. 名前: :2016/11/04(金) 08:42:23 [編集] ID:-
  46. そりゃ妄想だけで書ける(そういう世界で済ませられる)異世界と
    ちゃんと調べないと粗が目立つ現実世界では面倒臭さが遥かに違うし…


  47. 名前: :2016/11/04(金) 08:50:52 [編集] ID:-
  48. 結局復讐対象転生先で生きてるし、しかももう一回殺す時に相手の思い通りなってるし、どうももう一回生き返りそう
    糞だわ


  49. 名前: :2016/11/04(金) 09:18:00 [編集] ID:-
  50. >>22
    ウラミチノサキでもよんだら


  51. 名前: :2016/11/04(金) 12:41:03 [編集] ID:-
  52. 正直現代モノの復讐系を読みたいならなろうじゃなくて推理小説読んどけって思うけど


  53. 名前: :2016/11/04(金) 13:43:45 [編集] ID:-
  54. GCはだんだんゴ ミ拾いにシフトしてきて、そうなってからのほうが調子良さそうにみえる


  55. 名前: :2016/11/04(金) 22:44:05 [編集] ID:-
  56. >>19
    それやったら宗教観的にはまともなメキシカンマフィアとか転生してほしいわ。


  57. 名前: :2016/11/05(土) 12:00:40 [編集] ID:-
  58. >「勿体無いのではないか?」

    なんでなろう小説に出てくる神様ってこんな馬鹿ばっかりなの?w


コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
俺、冒険者! ~無双スキルは平面魔法~ 2 (MFブックス) 駆除人 5 ~南半球篇~ (MFブックス) 治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 6 (MFブックス) 魔法? そんなことより筋肉だ! 2 (MFブックス) 槍の勇者のやり直し 1 (MFブックス) 盾の勇者の成り上がり 9 (コミックフラッパー) 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 7 (コミックフラッパー) 異世界薬局(2) (MFC) 治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ (1) (角川コミックス・エース) 成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです 4 (モーニングスターブックス) 余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です 上 (モーニングスターブックス) 余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です 下 (モーニングスターブックス) 異世界はスマートフォンとともに。 10 (HJ NOVELS) 神達に拾われた男 1 (HJ NOVELS)