スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

異世界転生や転移ではなく、ハーレムやチート(最強設定)のない少年が冒険に出て仲間に出会い世界を冒険するみたいな王道小説のような作品でおすすめってありますか? その2

異世界転生や転移ではなく、ハーレムやチート(最強設定)のない少年が冒険に出て仲間に出会い世界を冒険するみたいな王道小説のような作品でおすすめってありますか?
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3072.html


669 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/29(金)00:12:25 ID:swi

異世界転生や転移ではなく、ハーレムやチート(最強設定)のない少年が冒険に出て仲間に出会い世界を冒険するみたいな王道小説のような作品でおすすめってありますか?例を上げるならロードス島戦記みたいな作品です。


1 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 14:17:22 ID:-

実は岩波少年文庫はそういった冒険物の宝庫だったり。
トールキンの「ホビットの冒険」や、サトクリフのローマブリテン3部作、トンケ・ドラフトの
少年騎士シリーズなどなど……



3 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 14:23:05 ID:-

小説ウィザードリィ「隣り合わせの灰と青春」がおすすめ
中古探さないと無いと思うけど


5 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 14:46:46 ID:-

※3
ウィザードリィの小説は名作が多いな。
「隣り合わせの灰と青春」の続編「風よ。龍に届いているか」や古川日出男の「砂の王」
(未完だが、アラビアの夜の種族で続き?が読める)とか。
双葉社のシリーズ物も結構面白かったな。



6 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 15:09:45 ID:-

「隣り合わせの灰と青春」はAmazonのKindleで読めるじゃん。


11 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 18:59:03 ID:-

「砂の王」はウィザードリィとして完結して欲しかったな


4 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 14:35:23 ID:-

ハーレムはあるけど、川口士の「千の魔剣と盾の乙女」は王道展開なので読んで欲しい


7 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 15:54:05 ID:mQop/nM.

迷い子かな、パッと思いつくのは。
エタっているけど。


迷い子は夜明けの歌を歌う  作者:旭

あらゆる学問が学べるという大陸屈指の総合学園アウレスーラ。そこで退屈な時間を過ごす少女は、自分と似た目をした三人の少年少女と出会う。彼女を起こした彼らとの初めての旅はそれぞれに何をもたらすのか。西風の吹く森から始まった、子供たちの物語。ただいまシリーズ第三部連載中。

小説家になろう



8 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 16:10:04 ID:-

意外とこういう準本格ファンタジーってあんまりないよな


9 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 17:35:29 ID:-

中二病に対する高二病というか、王道を揶揄する流れが出来てしまってるから…


10 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 18:31:35 ID:-

灰と幻想のグリムガルとかもそんな感じだな
アニメ化もしたしイメージは湧きやすいかも



12 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 19:07:13 ID:-

なろうの中では、『花嫁クエスト』が、実質的にハーレムを目指している作品なものの、すっげー王道だと思う。

花嫁クエスト  作者:玉兎

最も多くの花嫁を連れて来た者に王位を譲る――ひとりの英雄王が発した布告は、大陸を揺るがす動乱のさきがけだった。

北の方、ウィンディア王国に仕えていた騎士テオは、自国の王のトンデモ宣言に仰天しつつ、内なる野心に突き動かされて国を出る。
各地でくすぶる不和と疑念。見え隠れする謀略と魔人の影。
人と魔物、神と妖精が共に生きるシルリス大陸は、静かに、しかし確実に破滅への道を歩みはじめており、テオと仲間たちはいやおうなしにその波に飲まれていく。

抗いがたい潮流の中で王位と花嫁を求める青年が何を為すのか、この時はまだ、当人を含めて誰も知る者はいなかった。


小説家になろう



13 名前:dfdf :2016/05/07(土) 19:14:14 ID:wWnKz1JE

魔法の国ザンスシリーズとか風変わりなのが好きなら良いかも。


14 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 20:46:54 ID:-

なつかしの海外児童文学作品の数々よ……
ダークエルフ物語とか、ドラゴンラージャとか、デルトラクエストもそうかな……。
めっきりアンテナが向かなくなっちゃったけど今も児童文学って翻訳されてるんだろうか



15 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 20:49:56 ID:-

商業作品だけど、昔友人に勧められて読んだ
「ルーンの子供たち 冬の剣」結構面白かった覚えはある
(それを原作にしたゲームのTales Weaverにはあまりはまらなかったが)

(中古含め)商業作品に上に挙がってるような有名どこなどの良いのがあるのは事実なんだけど、お金がかかる分どうしてもWeb小説より手を出しにくいと感じるのも事実かなと思う
図書館を利用しやすい環境なら話は別なんだろうが(期限付きとか苦手で私はあまり利用したくない)



16 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 21:01:24 ID:-

12月のベロニカが真っ先に浮かんだ、けど成長期過ぎてから本編だったわこれ。


22 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 02:04:00 ID:6m5BDBwc

漂流伝説クリスタニアは面白かったな。続きのダナーン奪還編が読みたかったのに他の作者が描いたスピンオフばかりが出てゲンナリした記憶がある


25 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 08:34:43 ID:-

別の人が続巻書いて超駄作になっちゃうってのあるからなぁ
家畜人ヤプーとか。



27 名前:名無しさん@ニュース2ch :2016/05/08(日) 10:01:47 ID:-

旅のラゴスがおすすめ
冒険してる感があるし、色あせてない



37 名前:名無しのスコッパー :2016/05/10(火) 07:11:53 ID:-

---------------

※27
旅のラゴス懐かしい
本当に旅してる感覚がいいよね
一部のヒロインがちょっと可哀想なことになってるのがあれだけど……もしなろうで連載したら感想欄荒れそうだw



28 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 10:18:16 ID:-

異次元騎士カズマシリーズの続刊を20年以上待っている。
藤本ひとみ仕事せい。



29 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 11:19:53 ID:ElJgphU6

SWなら猫の手冒険者がすげー笑った記憶があるなww


30 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 11:44:49 ID:-

今日は古い商業作品勧めていい日なんですね?
じゃあ嵩嶺龍二「雷の娘シャクティ」マジおすすめ
富士見ファンタジア文庫で刊行は平成元年 



31 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 11:56:53 ID:-

※30
シャクティ、懐かしい
あれメインは20ページくらいある後書きだったな。延々とアニメ論とか語ってた
で、嫌いなアニメとかをバンバン叩いてた。それで気持ち悪くなって読まなくなったっけ



32 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 12:14:40 ID:-

なろうの作品だけど、辺境の老騎士あたりも主人公が爺だけど、かなり骨太王道ファンタジーだった気がする。

辺境の老騎士  作者:支援BIS

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物を味わう気ままな一人旅に。彼は知らない。それが大陸中で語り継がれる冒険譚の幕開けとなることを。長編グルメ・エピック・ファンタジー、ここに開幕!

小説家になろう



34 名前:通りすがりのホレイショー :2016/05/08(日) 14:15:52 ID:zF.Cle0A

へっぽこーずとか懐かしいものを。
門番で死んだのは笑ったわwあれ

ミミズクと夜の王とか好きだったなあ。
冒険要素皆無だけど、ファンタジーな雰囲気がしてかなり好き。



35 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 19:32:19 ID:-

灰と幻想のグリムガルが上で出てたけど、薔薇のマリアもおすすめですぞ。


38 名前:名無しのスコッパー :2016/05/10(火) 21:00:25 ID:-

オーフェンとか狼と香辛料とかもお勧めして良いのかな?


39 名前:名無しのスコッパー :2016/05/10(火) 23:09:05 ID:-

前にここで紹介されてた晴れのちFineはどうかな。
あれもかなり王道だと思う。


晴れのちFine!  作者:はれのむらくも

 "天人"が大手を振って歩き、"地人"は冷遇される世界。地人として生まれながら、そんな世界でも強く生きてきた少年クラウドと、少女ファインが出会うことから物語は始まります。世の中って、とても不条理。そんな世界の中でも希望を見出し、明日に向けて歩いていく少年少女が、やがて大きな変革の鐘を鳴らす日までを描いたお話です。目指せハッピーエンド! 
※10月は、1日と3日の最新話公開を例外に、3日おきに最新話を公開する予定でいます。3の倍数の日付の18時に最新話が公開されていく段取りと思って下さい。ただし、スローペース公開ではありますものの、今月はひどい多忙を予感させる事情があるので、もしかしたら途中でペースが変わる可能性があります。その場合はここで連絡致しますので、ご了承頂ければ幸いです。


小説家になろう



40 名前:名無しのスコッパー :2016/05/11(水) 01:39:28 ID:-

小説版ドラクエ3とかもなかなか


41 名前:名無しのスコッパー :2016/05/11(水) 02:29:05 ID:-

なろうだと、古い作品だが
『QUEST』  市尾弘那
ttp://ncode.syosetu.com/n8445d/

あたりはいい感じかな。
長期休載中だけど、それなりに長編なので、普通に読みごたえはある。


QUEST  作者:市尾弘那

ついさっきまでは、普通の高校生だったはず。けれど気がつけば俺は、異世界で『王子サマの影武者』を押し付けられ、剣を片手に魔物から逃走…もとい、戦闘する羽目に!?RPG路線、ちょっと戦記物風味の異世界迷込みFT。※戦闘シーン多々含む為、暴力・流血・死の描写等含みます。PC本サイト(http://hirona.kakurezato.com)にてDL版、番外編、地図、年表アリ。

小説家になろう



42 名前:名無しのスコッパー :2016/05/11(水) 17:04:06 ID:-

アルケミスト-夢を旅した少年(O Alquimista)-作パウロ・コエーリョ
世界的ベストセラー。なのに主役がマトモすぎてあまり面白くないw



43 名前:名無しのスコッパー :2016/05/13(金) 00:50:18 ID:-

商業なら烙印の紋章


47 名前:名無しのスコッパー :2016/05/29(日) 00:25:35 ID:-

『たったひとつの冴えたやりかた』

>ごく普通の少女が冒険に出て仲間と出会い、
>世界を旅して最後には世界を救う商業作品。


と紹介してしまう荒業にしびれる
一つ一つの要素として嘘はついてないけど、同じタイトルの「なろう」小説があるのか確認してしまった。

この紹介で本読んだ後の感想をぜひ聞きたい



17 名前:名無しのスコッパー :2016/05/07(土) 22:50:22 ID:-

なろうスレでこれこれこういう作品教えてほしいって質問してんのに商業作品読んだほうが良いとか的外れな事言っちゃう奴きらい
質問者の希望するジャンルや作風の作品知らないなら知らないで黙っておけばいいのに
俺が知らないならもうなろうにはそういうのは無い!みたいな変なプライドあるのかしらんけど



19 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 00:36:30 ID:-

※17
こう言っちゃなんだが、商業作品(特に昔の作品)の方が完成度高いからなあ……


20 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 00:57:25 ID:-

商業の古典ファンタジーはなんか若者にとっては既にもうバタ臭いんだよね
SAOの現実パート抜きみたいなのが望まれてると思うんだけど、案外そういうののフォロワーで成功例が出てこない印象

だからなろうで教えてって話が出るんだと思うよ



23 名前:名無しのスコッパー :2016/05/08(日) 02:19:57 ID:-

昔の商業作品とかいま読むと酷いぞ
ロードスとか悶絶するレベル




以前に挙げられた作品 ※順不同、重複あり
タイトル 記事
ロードス島戦記
指輪物語
ドラゴンランス戦記
アルスラーン戦記
グイン・サーガ
フォーチューンクエスト
デュアン・サーク
たったひとつの冴えたやりかた
へっぽこーず
Waltz
ぺらぺらーず
風の大陸
冒険王ビィト
異世界冒険戦記 ルイン・ブリンガーズ
アイスウィンド・サーガ




皆さん相変わらず滅茶苦茶詳しいですね。

関連記事


ライトノベルのランキング    
文学・評論のランキング
コミックのランキング
ゲームのランキング

  1. 名前: :2016/10/12(水) 12:50:41 [編集] ID:-
  2. 生まれて初めて最後まで読んだ小説が「隣り合わせの灰と青春」だったなぁ。
    学校の読書感想文もこの本の感想を書いた。
    あれは名作。


  3. 名前: :2016/10/12(水) 13:14:47 [編集] ID:-
  4. 魔法の国ザンス良いよね。
    1人1つの固有の魔法を持つだけだから工夫と仲間との協力は必須だし、王になれるレベルの魔法でも変身魔法や物を喋らせるだとか強力だが無双とは無縁な物ばかり。
    1巻の主人公から子供、孫へと世代を重ねていくのも良いぞ。


  5. 名前: :2016/10/12(水) 13:53:48 [編集] ID:-
  6. 挙がってないのだと、エディングスが王道でおすすめ
    ベルガリアード物語と続編のマロリオン物語が特にいい


  7. 名前: :2016/10/12(水) 13:54:30 [編集] ID:-
  8. 異次元騎士カズマシリーズは読者の批判がすごくて書くのやめたっぽいからなあ。
    理由?

    マノンはきれいなままだよ。

    是非はともかく、ヒロインがああなると、正直モニョる。
    個人的には、積極的に読みたいとは思わないなあ。


  9. 名前: :2016/10/12(水) 14:06:30 [編集] ID:-
  10. webではないのならドラゴンラージャおすすめ
    辺境の少年が色々あって仲間と旅に出る話
    笑いの部分も他の作品とはちょっと違う感じで面白いし戦闘や取引とかもある


  11. 名前: :2016/10/12(水) 14:13:42 [編集] ID:-
  12. リフトウォー・サーガを思い浮かべたけど、よく考えたら異世界転移してた……


  13. 名前: :2016/10/12(水) 15:43:09 [編集] ID:-
  14. デルトラ・クエスト、好きだったなあ


  15. 名前: :2016/10/12(水) 16:01:39 [編集] ID:-
  16. なろうだと少女主人公の方が王道ファンタジー率高い気がする


  17. 名前: :2016/10/12(水) 17:09:37 [編集] ID:qQaVDOgQ
  18.  グリムガル。
    アニメみただけだけど、現実っぽいの目指してる感を出しながら実は現実っぽくない(やたらネットゲームっぽいのが多い)なぁ。
    文化とか技術とか物理法則とかが。考証が甘すぎるんだよ。
     板ガラスや時計が普通にあるくせにやたら文化が低いところあったり。マナト君なんか折り畳み式の杖で戦闘してたけど現代でも技術的に実現不可能な武器だよ、あれ。
     あと短剣の間合いがやたら広かったり(スキル?どう考えても刃渡り30センチもないナイフで1m以上届いているんですけど・・・)、骨折れてる腕で相手に痛打を与えられたり(腕の骨折れてるのにどうやって力は入るんだよ!物理的にありえないよ)


  19. 名前: :2016/10/12(水) 17:09:41 [編集] ID:-
  20. ドラゴンイェーガーとかかな
    パーティというより男女のコンビだけど


  21. 名前: :2016/10/12(水) 17:18:43 [編集] ID:-
  22. 日帰りクエスト好きだったなぁ


  23. 名前: :2016/10/12(水) 17:42:18 [編集] ID:Bo4fsxtU
  24. 魔法の国ザンスは王道ではないかもしれないけど、ユーモアファンタジーの傑作だね。
    グラマリエの魔法家族とか個人的には好きだったけど原作は知らないけどエタ―だし、あっ主人公おっさんか・・・。
    まぁ舶来ものたまにはとんでもない当たり”も”ある、古臭くてバタ臭いと言われるかもしれないけど。

    まぁ、もうちょっと条件絞り込んでもらったほうが例を上げやすいと思う。
    古いのはOKかダメかとか、ユーモア入って大丈夫か否かとか。
    でも、やはり古いものの方が質は良かったような気がするなぁ。
    小説が年々軽くなっていくような気がする。


  25. 名前: :2016/10/12(水) 19:09:45 [編集] ID:-
  26. 魔法の国ザンスって響きからイヤミが主人公のギャグマンガだと思ってた…
    ゴブリン娘と魔法の杖などタイトルからして面白そう

    ただあえてなろうで探してるのは気楽さや
    感性の近い現代の空気が欲しいとか別の理由がありそう
    大体ハイファンタジージャンルで三桁ブクマ辺りに
    独特の世界を書いたゲーム的ではないファンタジーものの良作は多い印象
    文字数多めで検索すると見つけやすいと思う


  27. 名前: :2016/10/12(水) 19:28:17 [編集] ID:-
  28. なろうはチート無し=カタルシス無しみたいなの多いからなぁ〜どうにかならんもんかね


  29. 名前: :2016/10/12(水) 19:49:26 [編集] ID:-
  30. ザンスは21巻の「アイダ王女の小さな月」が出てから6年、続刊がない。ハヤカワの悪いクセが出たか。
    そういえば、15巻の「ゴブリン娘と魔法の杖」の原題はThe Color of Her Panties。


  31. 名前: :2016/10/12(水) 20:10:29 [編集] ID:-
  32. 薔薇マリが復活してた…
    この、好きなはずなのに手に取るのをためらう感じはなんだろう…


  33. 名前: :2016/10/12(水) 20:12:05 [編集] ID:-
  34. ルーンの子供たち挙げたものなんだが、
    新装版(2010年発売、ラノベver.(?))になってたのね
    自分が読んだのは2006年発売のゴツいハードカバーの本だったから、リンク見てえらいビックリした
    内容同じだろうけど、パッと見の印象全然違うなぁ


  35. 名前: :2016/10/12(水) 20:53:50 [編集] ID:-
  36. ソードワールド・リプレイ集はやや趣旨から外れるが読んでてて楽しい、そして王道


  37. 名前: :2016/10/12(水) 21:20:29 [編集] ID:-
  38. スレイヤーズやらオーフェンやらヴァルガーやら狂科学ハンターREIやらリアルバウトハイスクールやらヴァンパイア・レスタトやら……
    昔ハマってたのを改めて思い出すと、なんだかんだ言ってオレツエーというか主人公最強って小説は昔からいっぱいあったんだなぁ
    話を戻して、普通の少年(多少設定あるが)が主人公のやつだとなろうのドラグーンとか好きだなぁ


  39. 名前: :2016/10/12(水) 21:30:51 [編集] ID:bM4TJFTs
  40. なんでロードスが悶絶するレベルで酷いんだよ。少なくともロードス島伝説までと漂流伝説クリスタニアにリウイの0までは完成度高いし。どうせアニメだけ観て叩いてるゆとりだろうけど


  41. 名前: :2016/10/12(水) 21:46:50 [編集] ID:-
  42. なんつーか指輪物語の二次から発生したラノベの古典的なファンタジー小説すら読んでなくて
    共通認識化した設定だけ参考にしてるって作者ばっかりだよな・・・

    いやその中から面白いの掘り起こすのが楽しいんだけどさ・・・


  43. 名前: :2016/10/12(水) 21:50:05 [編集] ID:-
  44. ロードスは読んだら普通につまらなくて投げ捨てた思い出


  45. 名前: :2016/10/12(水) 21:59:20 [編集] ID:-
  46. いや、ロードスは今読むと酷いもんだぞ
    あれが受けたのは時代がファンタジーを後押ししてたからだけ
    さすがにD&Dリプレイから推敲を重ねた灰色の魔女だけは多少読めるが、以後は凡百のマカロニファンタジーでしかない


  47. 名前: :2016/10/12(水) 22:03:30 [編集] ID:uTwOxDLI
  48. そうか、ザンス続刊出てないのか。
    海外では出てるけどってやつか?
    ザンスに限らず、問題ありとみなされた題名は改名されている模様。
    変な規定があるのかねぇ。
    言論に自由なんて嘘っパチだよね。


  49. 名前: :2016/10/12(水) 22:08:47 [編集] ID:-
  50. ソードワールドのリプレイは俺も好きだったわ
    バブリーズだっけ?あれも一種のマンチの走りだったんかな


  51. 名前: :2016/10/12(水) 22:16:10 [編集] ID:-
  52. ※25
    マンチキンの一端ではあるけど走りではないよ
    マンチキンって言葉ははるかに古いからね


  53. 名前: :2016/10/12(水) 23:23:15 [編集] ID:-
  54. おかしい…なろうじゃなくて只のファンタジー小説スレになってる
    そしてそのせいでマトモな小説の話をしている…

    なろう小説と小説は違う物だなぁと改めて感じ入ったわ


  55. 名前: :2016/10/13(木) 01:58:17 [編集] ID:-
  56. スレイヤーズとオーフェンが出てるのに卵王子カイルロッドが出ていない不思議
    ちょっと用務員さん入ってるけどしっかり詠ませる文章になってて面白かった


  57. 名前: :2016/10/13(木) 03:36:20 [編集] ID:-
  58. ロードスは古典みたいなもの
    価値はあっても今読んでも面白くはない


  59. 名前: :2016/10/13(木) 07:33:13 [編集] ID:-
  60. ※28
    卵王子はあんま後味よくないからなぁ…


  61. 名前: :2016/10/13(木) 07:34:02 [編集] ID:-
  62. ルナルサーガとか読んでたな。最後の方で仲間がヤドカリになったような記憶がある。


  63. 名前: :2016/10/13(木) 07:45:41 [編集] ID:-
  64. 要するにこういうメンバーがなろうの海に分け入って好みの作品を探してくるのがスコッパーと呼ばれる種族なのか…
    ちょっと苦行すぎるんじゃね?


  65. 名前: :2016/10/13(木) 07:48:28 [編集] ID:-
  66. ※30
    じゃあ星の大地の話しようぜ!


  67. 名前: :2016/10/13(木) 09:27:37 [編集] ID:-
  68. ロードスはあの時代、ファンタジー流行りに乗ってる状況で読むべきもので、今時、単体で読むのはちょっとw

    当時も、ちょっと年食った人たちにはダメだった気が。カドカワ関係者も首かしげてたし。

    好きなままで居るのはいいんじゃないかな。


  69. 名前: :2016/10/13(木) 10:47:33 [編集] ID:-
  70. ロードス島伝説は普通に今でも名作。


  71. 名前: :2016/10/13(木) 11:22:23 [編集] ID:-
  72. 「晴れのちFine!」はさらっと読んだ感じでは割りと良かった

    あとなろうで良さげなのは、以前ここのコメで見た
    「異界巡りのさがしもの ――魔女×魔導士×魔法少女の冒険譚――」とかかな

    主人公は少年じゃなくて少女、なろうの「異世界転移」には該当しないが強いて言うなら転移モノ?と
    条件に当てはまるかは微妙なラインだけれど、冒険モノの商業小説に近い雰囲気を感じた

    他になろうでそれっぽいモノがあれば知りたいところ


  73. 名前: :2016/10/13(木) 11:35:04 [編集] ID:-
  74. ビィト漫画やんけ!
    ルーンの子供たちは良いよね……ハードカバーの表紙に誘われて読んだけどもうどハマりした。キャラクターから世界観からストーリーからファンタジー好きのあたまにクリティカルヒットだった。
    ただあの文庫版表紙はいただけねぇ。中身読んだかって感じだ
    三部はまだ描かれないのかなー


  75. 名前: :2016/10/13(木) 18:12:55 [編集] ID:-
  76. なろうで現地ものを探すのも一苦労なのに、そのうえ非ハーレムで非俺tueeeで面白い傑作?

    ないんじゃないかな(適当)


    そもそも商業で見られないジャンル・筆者が望んだ展開を好き勝手に描けるのがweb小説の醍醐味なので、オーソドックスな題材は絶滅してるんじゃないか。

    冒険をダンジョンに置き換えていいなら、エタってるけど「学園迷宮で会いましょう」とか、ギリギリで「403シングルルーム」とか?

    なろうで探すより、昔の個人サイト漁った方が早いんじゃないかな


  77. 名前: :2016/10/13(木) 18:14:28 [編集] ID:-
  78. ロードス島伝説の方は今読み返しても遜色ないんだよなぁ


  79. 名前: :2016/10/13(木) 18:31:18 [編集] ID:-
  80. ルーンの子供たちラノベVerには笑った。
    俺も読んだのは昔のほうだな、あれはいい本だ。


  81. 名前: :2016/10/13(木) 19:53:42 [編集] ID:-
  82. 薔薇マリ復活の情報ありがとう
    タイトル変わっててしかも単行本だから気づかなかったよ危うく見逃すところだった


  83. 名前: :2016/10/13(木) 20:24:28 [編集] ID:-
  84. 海で真水を探して来いと言っているかのようなスレタイだ


  85. 名前: :2016/10/13(木) 20:34:27 [編集] ID:-
  86. ※36
    異界巡り~ は結構いいな
    なろうにもこういう小説があるとわかると安心する

    「なろう系小説」の中に紛れてる、こういう「小説」を探すためにわざわざスコップしてるんだよ


  87. 名前: :2016/10/13(木) 23:01:53 [編集] ID:-
  88. ちょっと古いけどドラゴンランスとか?
    デルトラクエストは子供向けだけど独特の気持ち悪さというかエグさがあって好きだったな


  89. 名前: :2016/10/14(金) 01:42:52 [編集] ID:-
  90. スレイヤーズは文章読むのキッツイけど、設定は今でも好きだわ


  91. 名前: :2016/10/14(金) 04:32:06 [編集] ID:-
  92. なろうの「タダシイ冒険の仕方」をお薦めする。SWリプレイを読んだ感覚を思い出すよ。


  93. 名前: :2016/10/14(金) 06:23:00 [編集] ID:-
  94. 眠れる竜の続き読みたいなぁ、TRPGの世界へ自キャラでてので今のVRMMOの世界に行くはしりみたいなんだモノだったけど、元は4巻まで出てるような事が1巻あとがきにあったが続刊でないからなぁ。


  95. 名前: :2016/10/15(土) 00:37:57 [編集] ID:-
  96. なろうだったら「打ち砕くロッカ」ぐらいが一番条件にあう気がしたけど、
    よくよく考えると冒険もしてないし少年でもなかった。


  97. 名前: :2016/10/15(土) 06:06:54 [編集] ID:-
  98. ラピスの心臓とか結構、面白い
    けど、良いところで作者が続きを放棄して逃げてる状態w


  99. 名前: :2016/10/15(土) 16:44:37 [編集] ID:-
  100. 「ゴブリンスレイヤー」は、けっこうここで求められているものに近いと思う
    チートなし、主人公は偏屈だけどなんだかんだで色々冒険に巻きこまれているし
    王道の変化球って感じで

    なろうだと「迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)」はどうかな
    舞台がひとつのダンジョンに限定されてるってのはあるけど、主人公は常人で特殊能力持ちチートというほどじゃない特技レベルだしちゃんとボーイミーツガールしてるし、悪くない
    第一部完結で止まってるけど続きが見たくなる話


  101. 名前: :2016/10/16(日) 22:20:09 [編集] ID:-
  102. ドラクエでも良いなら、「百万ゴールドの男」
    DQ3の縛りプレイ日記だけどちゃんと小説仕立てになってる


  103. 名前: :2016/10/17(月) 15:02:13 [編集] ID:-
  104. ラピスの心臓 続きめっちゃ読みたい。
    なんであんな半端なところで止まってるんだろうね。
    これから反撃ってところでさ。

    まぁ、あの作者さんが長期休暇を取るのは昔っからだし、
    そのうち何事もなかったように復活するんじゃないかと思ってるけど。


  105. 名前: :2016/10/17(月) 15:53:49 [編集] ID:-
  106. この前ここで紹介されてた「異界巡りのさがしもの」はかなり条件近い感じだったな
    少女だけど


  107. 名前: :2016/10/18(火) 05:00:45 [編集] ID:-
  108. ロードスは日本における元祖ファンタジー小説だからw それまでファンタジー小説ってジャンルは日本には無かった、
    SFの一環として存在してたけど今の日本で言うファンタジー小説は中世冒険物っていわれてたし
    そうで無ければゲーム小説って言われてた。、
    それ以外は完全に児童文学扱いだった、エンデは当然ながらトールキンなんかも完全に低年齢向けにカットされて絵本みたいな文体で出版されてた。

    ロードスは角川文庫が若者向けに試験的に出した青帯ってレーベルで出て、ソレが店頭から消えるくらいヒットしてスニーカー文庫の創設に繋がった。
    だから日本におけるファンタジーの定型をロードスとSNEが作り上げる事になった。

    90年代半ばの文部省の調査では高校生の6人に一人がロードス島戦記を読んだ事があるって結果が出てた、まぁそれぐらいファンタジーの定番だった。
    ソコから派生した後発の作品の方が出来が良いのは当然の事だよな。
    まぁスレイヤーズのヒットで流れ変わっちまったけどねw


  109. 名前: :2016/10/18(火) 05:17:52 [編集] ID:-
  110. >骨折れてる腕で相手に痛打を与えられたり

    コレは可能だよ

    俺の高校の時のツレは折れた腕で相手の顎割るまで殴って開放骨折まで悪化させたよw
    尺骨が皮膚破って飛び出しても殴ったw
    漫画レベルのボンクラ学校のNO2だったんだけどナメられる訳には行かなかったそうだw

    知らずに繁華街で知り合った時はチャラい奴だなって思ったけど
    ソコまでするのには驚いたよ


  111. 名前: :2016/10/18(火) 09:54:14 [編集] ID:-
  112. >ロードスは日本における元祖ファンタジー小説だからw それまでファンタジー小説ってジャンルは日本には無かった

    すげーな、ここまでしれっと大嘘書けるなんて
    栗本薫のグイン・サーガはどこに行ってしまったのか、あとがきでヒロイック・ファンタジーって連呼してるのにな
    田中芳樹はアルスラーン戦記を出版する際「ファンタジーと称したら売れない」と編集から言われてしまった話を後年インタビューで披露しているわけだが、どういう思考回路してたら「ファンタジー小説ってジャンルは日本には無かった」なんて発想になるんだ?

    そもそもハヤカワ文庫FTが創刊されたのが1979年の話で、ヒロイック・ファンタジーの草分けであるロバート・E・ハワードの英雄コナンの訳本が出たのはもっと前の1970年
    フリッツ・ライバーのファファード&グレイ・マウザーの翻訳も1977年には始まってるし、リフトウォー・サーガの一作目がハヤカワ文庫FTから刊行されたのも1984年、ロードスは完全に後発作品だろ、あれ
    単にアニメ化されたりで人気が出たってだけで別にファンタジーの元祖でもなんでもない


  113. 名前: :2016/10/18(火) 13:15:35 [編集] ID:-
  114. 草分け的存在って言っておけば突っ込まれなかったな


  115. 名前: :2016/10/18(火) 18:39:24 [編集] ID:-
  116. 古いの探せば西遊記や八犬伝もアクションファンタジーだしな。ロードス島はある世代の人にとってのファンタジーの原点、くらいのものだと思う。TRPGリプレイの走りではあるだろうし
    もとになったプレイ風景は読んだことないけど、最終戦直後に盗賊が宝手にして乗っ取られるとこは大爆笑になったろうな


  117. 名前: :2016/10/18(火) 19:14:27 [編集] ID:-
  118. ようするに懐古趣味おじさんの過大評価ってことか


  119. 名前: :2016/10/19(水) 04:32:17 [編集] ID:-
  120. 日本じゃロードス以前はSFの中のジャンル扱いだったんだよ、
    その頃は超能力物やライトなSFもファンタジーってジャンルに入ってたんだ

    態々ヒロイックファンタジーって言わなければならない位ジャンルとしては確立されてなかったんだ
    一般の認知度は子供だましか変わったSFだったんだよ
    その上ヒロイックファンタジーの評価はとても低かったんだ

    ファンタジー小説って言って今の様な物が連想されてSFから切り離される様になったのはロードス以降
    今は一々ヒロイックファンタジーって言わないだろ?
    モンスターの名称や種類をD&D等から持ち込んで定着させたのもSNEの仕業なんだ
    日本でエルフやドワーフのイメージもロードスで認知度が上がって
    エルフの耳なんかも完全にあの挿絵で固まってしまった
    海外じゃ態々 ジャパニーズエルフ って言われてるしなw

    海外である意味馬鹿にされてる ”日本のファンタジー” ってジャンルはソコから始まってるんだよ


  121. 名前: :2016/10/19(水) 08:13:17 [編集] ID:-
  122. この西洋かぶれがっ!


  123. 名前: :2016/10/19(水) 09:49:50 [編集] ID:-
  124. ヒロイックファンタジーのほうが的確なジャンル名称っぽいけどな。不思議の国のアリスもファンタジーだけど、ヒロイックなわけじゃないし。ムーミンとかも。オズはヒロイックか? なんか違う気がするが。
    それに今じゃヒロイックファンタジーの例として出てきそうな作品でも、SFに分類されてたことがある、ってんなら、SF的要素があったから、ってことかも知れんし。例えば蛮族コナンなんて、異星人が出てきてる。


  125. 名前: :2016/10/20(木) 06:21:23 [編集] ID:-
  126. また禁止ワードかよ、これだからブログのコメント欄は嫌いなんだ、まともに書き込めねぇ

    >日本じゃロードス以前はSFの中のジャンル扱いだったんだよ
    だから大嘘つくんじゃねぇよ、少なくともハヤカワにSFとは別にFT文庫ができた時点で別物と認識されていた
    だいたい季刊誌の幻想文学ですでに「ハイ・ファンタジー最前線」とかいって特集組んでたろうが
    あと当時は「ファンタジー」のほかに「ファンタジイ」とか「ファンタシィ」とか表記が揺れてた

    そもそもロードス1巻が出た1988年はドラクエ3が社会現象を巻き起こしてバスタードの連載がジャンプで始まって三浦建太郎がベルセルクのプロトタイプ描いた年だろうが
    ファンタジア大賞の第1回締切も88年8月だから神坂一がスレイヤーズを書いた年でもあるし、これら全部作ってる当人は「変わったSF」のつもりだったと?ドラクエやFFやウィザードリィを「変わったSF」だと思ってプレイしていたと?あしべゆうほや中山星香や和田慎二の漫画をSFの一種だと思って読んでいたと?

    >今は一々ヒロイックファンタジーって言わないだろ?
    エピック・ファンタジーとかダーク・ファンタジーとかエブリデイ・マジックとか伝奇ロマンとか律儀にジャンル分けする読者なんて今時いるのか?せいぜいハイ・ファンタジーかロー・ファンタジーか、異世界転生転移かそうじゃないかくらいだろ


  127. 名前: :2016/10/21(金) 04:27:13 [編集] ID:-
  128. アナタの言う事は何ら間違っていないが

    世間の認知度の話をしていたつもりなんだが、

    数少ない大型書店に行っても ファンタジー なんて棚は無くSFの隅っこに置かれていた
    タイトルで探して店員に聞くと児童文学の棚に案内される何て事も多い、
    文学青年や少女にはファンタジー好き何て言うと鼻で笑われ
    ヒロイックファンタジーなんて言うと低俗な物として扱われてた、バイオレンスとエロスが付きものだったからね
    あまり本を読まない人間に話すと「あぁ何か変なSF?」って返される、まだSF自体がようやく市民権を得た後ぐらいだっから
    脱線するがSF読んでると学校の先生なんかは良い顔しなかった時代がようやく完全に終わった頃だよね

    Wizやドラクエ・ハイドライド・夢幻の心臓をファンタジーだ~ってプレイしてた人間なんて何パーセントだろうか?
    それどころかそれらから興味を持ってファンタジーって言葉を知って、ヒロイックファンタジーに辿り着いた人間も多いだろう

    ゲームノベライズ以外でヒットしたって言えるのはロードスが最初だよね
    あっという間に版重ねて行って金に成るジャンルだって認識されて
    雨後の筍の様に様々な出版社から発売される様になって
    町の本屋にもファンタジー系って棚が出来る様になった、ラノベって言葉が生まれる前だからだけどw

    世間がファンタジーって言って今の 日本のファンタジー を連想する様になったのはロードス以降だって話をしていたつもりだった
    決してロードス賛美なんてするつもりはないし、始祖にして至高なんて言わないからw

    どんなジャンルでもマニアの話になると最初なんて答えは出ないから
    そして細かなジャンル分けなんてマニアしかしないし
    それこそ明治時代に大衆作家が同人誌に書いてたとか言う話になるからそもそもこういう場ではしませんよ

    ですが私の文章が拙いせいで余計な時間を取らせてしまった事は本当に申し訳ない


  129. 名前: :2016/10/21(金) 21:05:34 [編集] ID:-
  130. せやな
    内容はともかく文章があかんな


  131. 名前: :2016/10/21(金) 21:48:01 [編集] ID:-
  132. なろうには異世界チーレムを読みに来てるのであって、ちゃんとした小説読みたかったら本屋か図書館にでも行くよな


  133. 名前: :2016/10/21(金) 21:54:29 [編集] ID:-
  134. んだんだ


  135. 名前: :2016/10/22(土) 07:02:34 [編集] ID:-
  136. 一般的な話をしたら
    マニアに重箱の隅をつつかれたんやな
    バーナード嬢曰く。見たいな展開だったな


  137. 名前: :2016/11/03(木) 11:30:31 [編集] ID:-
  138. うーむ、この条件だと『Rotted-S』が該当するのか……あと『魔導黎明期』はどうですかね(冒険モノとはちょい違いますが)。

 

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する2 (ファミ通文庫) コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果4 (ファミ通文庫) 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2 (ファミ通文庫) 女神の勇者を倒すゲスな方法2 「返事がない、ただの聖女のようだ」 (ファミ通文庫) 我が偽りの名の下に集え、星々 (ファミ通文庫) アラフォー社畜のゴーレムマスター(1) (モンスター文庫) 俺の異世界姉妹が自重しない! (2) (モンスター文庫) 進化の実~知らないうちに勝ち組人生~(6) (モンスター文庫) ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(9) (モンスター文庫) 使徒戦記 ことなかれ貴族と薔薇姫の英雄伝(2) (Mノベルス) 信長の弟 織田信行として生きて候 1 (GCノベルズ) 魔王になったら領地が無人島だった 3 (GCノベルズ) 梔子のなみだ (PASH! ブックス) もう一つの物語~転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう~下 (PASH! ブックス) 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 5 (一迅社文庫アイリス) 地方騎士ハンスの受難 3 (アルファポリスCOMICS) ネタキャラ仮プレイのつもりが異世界召喚2 ~迷い人は女性の敵に認定されました~ (オルギスノベル) 陶都物語~赤き炎の中に~ 壱 (HJ NOVELS) 平手久秀の戦国日記 弐 (HJ NOVELS)