スコ速@ネット小説まとめ

Web小説関連のニュースや、オススメWeb小説などを紹介します。
Headline
Headline
フリーエリア

 

  

 

ダンジョンか迷宮を攻略していく事が主題の作品でオススメってないかな? その4

小説家になろう:ダンジョンか迷宮を攻略していく事が主題の作品でオススメってないかな?
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-2901.html

小説家になろう:ダンジョンか迷宮を攻略していく事が主題の作品でオススメってないかな? その2
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3132.html

小説家になろう:ダンジョンか迷宮を攻略していく事が主題の作品でオススメってないかな? その3
http://scoopersokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-3443.html


835 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/11/05(木)15:17:05 ID:IJg

ダンジョンか迷宮を攻略していく事が主題の作品でオススメってないかな?
異世界・MMOモノ、シチュはなんだっていい。そこにハーレムが付属しててもいい

ダンジョンや迷宮でタグ検索してもそっちの要素が添え物レベルばかりでさ
ダンジョン経営する側なのも興味ない。チートで突破余裕でしたとかもちょっと
順当にトライアル&エラーを繰り返してハクスラしていくのが読みたい……


2 名前:名無しのスコッパー :2016/11/02(水) 13:30:53 ID:-

ガチガチに迷宮ものじゃなくていいなら結構あるな
出てないので言ったら、レベルリセッター、、むいむいたんなんかもある
あと、てんてーなら個人的には手垢よりは納屋の方が好きかな
いまいいところだし


レベルリセッター ~クリスと迷宮の秘密~  作者:ブロッコリーライオン

痛みで目を覚ました時、まだ五歳になったばかりの少年は、たくさんの物事を考えられるようになっていた。
頭に痛みが走る度、少年には不思議なことが起こるようになり、そしてついに能力が目覚める……。
暖かな人達との出会い、繋がりを感じる中で、少年は生きる為に迷宮へと足を踏み入れた。

何でも収納することが出来る黒い霧(シークレットスペース)の能力と、レベルとスキルを交換することの出来る対価交換(エクスチェンジ)で、少年は今日も迷宮に潜りスライムと対峙する。

そして少年が迷宮を踏破する時、迷宮の秘密を知ることとなる……。
物語が進行する度、あらすじも追記していく予定です。

物語開始時の主人公クリスの年齢を三歳から五歳に変更しました。(8/19)


小説家になろう


むいむいたん  作者:無為無策の雪ノ葉

 もしゃもしゃ……むいむい。

小説家になろう


家の納屋にダンジョンがある ―God in the abyss of despair―  作者:止流うず

 行商人の息子として生まれ、事故で両親が死に、預けられた先の老爺に育てられたキースは老爺の遺品を整理していたとき、納屋の下にダンジョンを発見する。
 そこは夢幻迷宮と称され、邪神が封印されている幻のダンジョン。だが無学の農民であるキースには関係のないこと。
 生活苦から手に持つ鍬を剣に変え、キースはダンジョンの奥を目指すのであった。


小説家になろう


ダンジョンか迷宮を攻略していく事が主題の作品でオススメってないかな? その4の続きを読む


カレンダー
カテゴリ

openclose

最新コメント
<>+-
Amazon商品
老いた剣聖は若返り、そして騎士養成学校の教官となる 1 (GCノベルズ) 聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~ 3 (GCノベルズ) 転生したら剣でした 3 (GCノベルズ) 村人ですが何か? 3 (GCノベルズ) 村人ですが何か? 1 異世界ですが魔物栽培しています。2 (ファミ通文庫) 幼女戦記 8 In omnia paratus 異世界食堂 4 (ヒーロー文庫) 異世界チート魔術師 6 (ヒーロー文庫) 転生魔術師の英雄譚 3 (ヒーロー文庫) 無属性魔法の救世主(メサイア)3 (ヒーロー文庫) 無欲の聖女 3 (ヒーロー文庫) 異世界食堂(1) (ヤングガンガンコミックス) ナイツ&マジック 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 異世界チート魔術師(1) (角川コミックス・エース) Re:ゼロから始める異世界生活13 (MF文庫J) 現実主義勇者の王国再建記 4 (オーバーラップ文庫) 10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 4異世界の現実は厳しいようです (オーバーラップ文庫) 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 5 (オーバーラップ文庫)